目次
Page 1
ー 6年連続紅白出場
Page 2
ー 《名前なかったらわからなかった》

 2023年の大晦日、歴代最低の視聴率を記録したNHKの『第74回紅白歌合戦』。旧ジャニーズ事務所からの出場歌手がゼロという状況のなか、白羽の矢が立ったのはK-POPアイドルグループだった。

紅白史上最多となる、7組の韓国発のアイドルグループが出場しました。韓国勢が多すぎる、という懸念もあったようですが、世界的に若い世代から絶大な人気を誇るK-POPグループでなければ、旧ジャニーズ勢の穴は埋められない、という判断だったのでしょう。次の紅白から再び旧ジャニーズ勢が大量に出場する、ということは考えにくいですから、しばらくはこの傾向が続くと思いますよ」(エンタメ誌ライター、以下同)

6年連続紅白出場

 K-POPと紅白の繋がりは深く、これまで多くのアーティストが出場を果たしてきた。なかでも6年連続出場という快挙を成し遂げたのがBoAだ

「BoAさんは2002年の初出場から2007年まで出場しました。純外国籍歌手としては初となるトップバッターも務めるなど、紅白におけるK-POPアーティストの開拓者といっても過言ではありません」

 2001年に弱冠14歳にして日本デビューを果たしたBoAは、現在37歳。主に韓国を拠点にアーティスト活動を続けながら、時折日本の音楽番組やバラエティ番組に出演している。