湯河原にある舛添要一氏の別荘

「湯河原の別荘を売るなんて話は聞いたことありません。地元の業者が最近、あの別荘に出入りしたという話も聞いたことありませんからね……。

 舛添さんは、あの騒動が起こる前は近くのファミリーレストランでよく見かけましたよ。Tシャツに半ズボン姿で野球帽を被って、秘書の方と一緒に。季節限定のメニューをよく食べていましたね」(地元の不動産業者)

 本当に別荘を売る意思はあるのだろうか。舛添氏の事務所に話を聞いた。

――東京都知事を辞任する際に、別荘を売り払うとおっしゃっていましたが。

「それに関しましては、現在法的な処理をしている最中です。個別の質問に関しましては、回答を控えさせていただきます」

――法的な処理をされているということは、別荘を売る方向で話が進んでいるという解釈でよろしいでしょうか。

「売る、売らないに関わらず、現在、法的な処理をしている段階になります」

 都知事時代、説明会見での歯切れの悪さが話題になったが、辞職後も対応がわかりづらいのは相変わらずのようである――。