“立て板に水”のしゃべりには聞き入ってしまう

 日曜のゴールデンタイム(夜7時〜10時)は、NHK大河ドラマや、『ザ!鉄腕!DASH!!』、『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)といった人気の高視聴率番組が並び、ここ数年、フジは苦戦を強いられてきた。

 そうした状況を打破する役回りが期待されているが、「厳しい船出」と古舘。

「日曜夜の激戦区を任せていただき、ありがたいやら、怖いやら。番組のスタートが近づくにつれて、12月、いや、来春からでもいいのではと、せこい考えも浮かびます。

 でも、そこで数字(視聴率)がちょっと上がったら、それだけで大躍進と言われるかもしれないし……(笑)。

 開き直るような、怖いような、覚悟を決めたような、いろんな思いがないまぜになっている心境です。

 視聴率でいえば、大変な苦役列車に乗ったと思います。では、なぜ乗ったのか? と問われれば、大した覚悟があったわけではなく、ほろ酔い気分の駆け込み乗車。乗ってから気づく(笑)。でも頑張ろうと思っています」

 各局から番組オファーがあるなかで、フジを選んだ理由については、こう語る。

「局アナからフリーになったときに、初めてのレギュラー番組が『笑っていいとも!』で、恩義を感じていました。今回もいちばん最初に声をかけていただき、うれしかったからです」

 冠番組に加えて、深夜番組も始めることには、インタビュー時に報じられた“トヨタとスズキ提携”のニュースを引用して話し、前職の顔ものぞく。