宮崎秋人 撮影/廣瀬靖士

ふたりは最高の犬と最高の飼い主の関係!?

――お互いどういう存在ですか?

宮崎 なんですかね~。

小越 なんだろう~。

宮崎 最高の犬ですね(笑)。パートナーであり、ペットであり(笑)。そうですねぇ、愛でる対象でもありますし、でも世話はしなきゃいけないし。たまに外の世界にもお散歩に連れてかなきゃいけないし(笑)

小越 アハハハハ!

宮崎 手間はかかりますけど。

小越 ……。

宮崎 最高の飼い主っていっとけよ! アハハハハハ!

小越 それ以上の言葉がない(笑)

――次に共演するなら、どんな舞台をやりたいですか?

小越 僕はストレートプレイ(歌やダンスなどがない舞台作品)でやってみたい。ストレートでほんとになんかたわいもない感じというか。

宮崎 ワンシチュエーションで会話劇がやってみたい。ゆる~いテンションがいいですけど。役でちゃんと会話してみたいなと思います。

小越 うん、そうだね。

――2017年はどんな年にしたいですか?

宮崎 小越が、嫉妬する芝居ができたらいいなと思いますね。やられたなって思わせられたらいいなって。

小越 僕は、また一からいろんなことを勉強したいなって思います。ボイトレもしたいと思いますし。’16年はいろんな経験をして、いろんな面でさらに欲が出てきたので。だからそのやりたいことが増えたのを実現させるために、もっと勉強しなきゃなって思ったので、さらに自分の身になるものをどんどん取り入れていく時期にしたい。そういう1年にしたいと思いますね。

――今回、本当にふたりは仲がいいんだってことがよくわかりました! それと宮崎くんの彼女になる人は幸せそうって思いました(笑)

宮崎 アハハハハ!

小越 そうですねぇ、彼女はいいかもしれないですね。

宮崎 お前、どこ目線で言ってるんだよ!(笑)

小越 僕の彼女になったら大変ですよ(笑)

――宮崎くんが女子だったら、小越くんの彼女になりたいですか?

宮崎 いや、ならないな~。いやだな~(笑)

小越 俺も女子だったら、俺とつきあいたくない! 絶対やだ。

――宮崎くんと小越くん、どっちかを選べって言われたら?

小越 どっちかって言われたら、秋人ですね。

宮崎 俺も、俺とつきあいますね、どっちかなら(笑)。アハハハハ!

小越 アハハハハ!