東方神起としての活動がスタート

『地上軍フェスティバル』のユンホ
すべての写真を見る

 ヒョンジュンに続いて4月20日に入隊期間を終えるのが東方神起ユンホ。彼が配属された陸軍の軍楽隊では、軍隊内の行事や地域の住民とコミュニケーションを図るためのコンサートなどを開催している。これまでに、いくつかのステージに立ってきたユンホ。ひと目元気な姿を見たいと、日本からも多くのファンが駆けつけていたそう。

 入隊するジュンスのところで触れた“鶏龍の奇跡”。この奇跡について、昨年末に除隊したジェジュンのサイン会で、会場のファンがユンホと再会したときの気持ちを尋ねると、「うれしかったよ!」と、本人が語ったという。

「あのフェスティバルのとき、ふたりは、ごく普通に笑顔を浮かべながら話していたそうです。そのあと、ユンホは共演者と“今晩、売店で何を買って食べるか”や“どのカップラーメンにするか”“このラーメンとアイスの組み合わせにしよう”なんていう、入隊中の男性がよく話をするネタで盛り上がっていたと聞きました(笑)。

 携帯電話もない、カフェにも行けない、大好きなボウリングもできない中で、食べることでストレスを解消する。自然と“食”についての話題が多くなるんじゃないかと思います」(韓国記者)

 たしかに、入隊してすぐの“鶏龍の奇跡”のころには、ふっくらしていたユンホ。最近は、少しずつ締まってきていると聞くことが多い。

「入隊して太るスターは多いですね。朝6時に起床して、夜10時に就寝する。3食しっかり食べる規則正しい生活に、息抜きの間食。そして、日々の訓練で身体が大きくなるようです。ただ、除隊直前になると、復帰作などが決まっている人は意識するようになりますね」(韓流ライター)

ユンホの除隊後の準備は万端らしいですよ。入隊の約2年があっという間だったとスタッフが話していたと聞いています」(音楽ライター)

 相棒のチャンミンの除隊が8月18日と聞けば、今年下半期には東方神起としての活動がスタートしそうだ。

「戻ってきたら、30代じゃん!」

 チャンミンと一緒に入隊したSUPER JUNIORシウォンも8月18日に、その直前には同じグループのドンへウニョクが、8月26日には、JYJユチョンが除隊する。

 ユチョンは昨年、性的暴行の疑いで告訴されたことが日本のニュース番組などでも報道され、衝撃を与えた。“逮捕されたら、俳優を引退する”とまで言ったという彼の無実は証明されたが、残念ながら本国でのイメージが悪くなってしまったのは確か。

「入隊前は、俳優としての将来を期待されていましたが、無実とはいえ、除隊後すぐにこれまでのように韓国ドラマの主演で彼の姿を見るのは難しいと思います。映画や、音楽活動で日本のファンに会いに来てくれるかもしれませんね」(韓流ライター)

 心配なユチョンとは対照的に、除隊の翌日(昨年12月31日)にはファンと触れ合うサイン会を開催したのはジェジュン。夜食を食べないなど、服務中から管理をして入隊前と変わらぬルックスに仕上げた彼は、2月7日から除隊して初となる日本ツアーをスタートさせる。横浜アリーナ、大阪城ホール、名古屋の日本ガイシホールと、3都市でコンサートを開催。

 入隊前、最後の日本の公演で“離れたくない”と涙を浮かべていたジェジュン。最後に泣き笑いしながら、こう語っていた。

「戻ってきたら、30代じゃん! めちゃめちゃ自己管理して、20代に負けない若々しさで、またごあいさつしますね」