ケーキを前に「マンモスうれピー!」と久々の“のりピー語”で喜んだ酒井法子。46回目の誕生日となる2月14日に開催されたファンミーティングでのことだった。

「集まったファンは、男性がメインでしたが、女性も少なくなく、海外からのファンや、中学生の女の子もいました。最前列は、ハッピを着た“親衛隊”たちで盛り上がっていましたよ」(参加したファン)

 酒井が自身の誕生日にイベントを開くのは、'91年以来、実に26年ぶり。

この日のイベントはライブだけでなくクイズなどもあり盛りだくさんでした。イントロクイズでは、のりピーは自分の曲なのに全然当てられなかったけど(笑)。

 誕生日ケーキが出てきたとき、ファンがサプライズで彼女の曲をアカペラで歌う場面があったのですが、一緒に合わせてくれて、すごく楽しかったです」(前出・参加したファン)

 この日は『永遠の宝物』という新曲も披露。3月15日に発売されニューアルバムに収録されるという。

「“(新作は)ボリュームがすっごいマンモスなんです! お値段もマンモスなんですけど……”と、のりピーもPRしていました」(別のファン)

 気になるニューアルバムの値段は、なんと1万9440円。一般的なアルバムの6倍。確かに彼女の言うとおり、かなり“マンモス”な値段だ。

最前列に陣取った親衛隊(参加したファン提供)

「CD7枚にDVDと確かに豪華ですが、値段が値段なので、熱狂的なファン以外のセールスが厳しそう。ちなみに『碧いうさぎ』は、バージョン違いで6曲収録されています(笑)」(音楽ライター)

 ファンには楽しいイベントだっただろうし、音楽の世界に帰ってきたのは素晴らしいことだけど、ちょっと待って。執行猶予の身だった'10年に言っていた、「介護の勉強がしたい」はどこへ?

酒井さんは、'10年に宣言どおり群馬県の大学の介護福祉コースに入学しました。しかし、元理事長が横領容疑で逮捕、また'12年の入学者がゼロになるなど、運営資金が底をついたことで、'13年に廃校になっています。

 そのころまで酒井さんも在学していたようですが、廃校とは別に、なかなか勉強が続かず介護の道はあきらめ、逮捕前と同じく芸能活動をしていくことにしたようです」(芸能プロ関係者)

 今後はどのような活動をしていくのだろうか。

「復帰以降は中国を中心とした海外での活動がメインで、国内では単発ドラマの出演が1度、音楽活動は芸能生活30周年記念のコンサート程度と、それほど仕事はなかったのですが、今年は日本での音楽活動が活発になりそう。

 3月に地方のクラブイベントでDJとして出演し、6月には音楽フェスにも出演する予定だそうです」(前出・レコード会社関係者)

 逮捕当時、異様なほどノリノリでDJをする姿が、さまざまな憶測を呼んだ酒井。2度と薬物に手を染めないことを期待したい。彼女の存在は、ファンたちには新曲のタイトルにあるように“永遠の宝物”なのだから。