それだけではおさまらない。警備員たちに付き添われ、中島が歩き出すと、

彼が歩いた後ろをファンや学生など、100人くらいがついていきました。校舎の中を通って帰ったので、後をついてきた人たちが押し寄せて一時、大混乱になりましたよ(笑)」(式に出席した学生)

 それはさながら“王子様"の大名行列。4月から完全に社会人となる中島は、すでに大きな仕事に取り組んでいる。

7月22日公開の映画『心が叫びたがってるんだ。』に出演します。中島さんは、他人と本音で向き合うことが苦手なやる気のない少年の役。アニメを実写化した同作は、物語の舞台である埼玉県秩父市ですでに撮影が始まっていますよ」(スポーツ紙記者)

 大学に入学した当時、中島は将来へのアツい思いを抱いていた。‘14年の大学案内でも、それを語っている。

《僕にとって明学は夢が広がる場所であり、自分の可能性が見つけられる場所なんです》

 彼の現在の輝かしい活躍は、大学生活で夢を広げた結果なのかもしれない。そんな大学を卒業できた喜びを、彼は誰より“叫びたがって"いたに違いない。