未沙さんが連れ去られたバス停では町と県の関係者が視察をしていた

2人の間の接点は──

 犯罪心理学に詳しい、新潟青陵大学の碓井真史教授は、

「悲鳴をあげればいい、逃げればいいと話す人は多いですが、犯罪被害者に話を聞くと、まるで蛇に睨(にら)まれたカエルのように何もできないという人は非常に多いんです。

 意外かもしれませんが、悲鳴をあげたことがない人が、突然悲鳴をあげることなんてできないんですよ。彼女はきっと、怖くていうことを聞くしかなかったのでは」

 と状況を分析する。

 それもそのはず、警察の発表によれば、死亡推定時刻は午後7時ごろ。母親に迎えを頼む連絡をしたわずか30分後なのだ。未沙さんは、自分が何に巻き込まれているのかわからず、身を硬くするしかできなかったのかもしれない。

 未沙さんの殺害場所は、事件への関与が疑われる長野県の大学に通う男子学生(21)の持ち物から浮上した。

 未沙さんの死亡推定時刻の約40分後。午後7時40分ごろ、石川県穴水町の自動車専用道路で、歩行中の男子学生が軽自動車にはねられ重体になった。近くには、彼の車が止められていた。

 助手席には血のついた包丁。車の名義から男子学生が滞在していた空き家を捜索したところ、遺体が発見された。空き家の鍵は、車の鍵と同じ鍵束につけられていたという。

 空き家から男子学生がはねられた現場までは約20キロ。車で30分ほどはかかる。

 この男子学生の犯行とすれば、18時30分過ぎに未沙さんを拉致し、バス停から約6キロの距離にある空き家に連れ込み、19時ごろに殺害。その直後には家を出発し事故現場に向かったと推測される。

 あまりにもあわただしい犯行。今のところ、2人の間の接点は見つかっていない。「無差別犯行の可能性」との報道も。

 男子学生が搬送先の病院で翌11日午前11時30分に死亡したため、真相は藪の中だが、男子学生の心の支えになっていた祖父の存在が彼に希望を与え、その死が男子学生を自暴自棄にさせた形跡が浮かび上がった。