民事裁判で受けたセカンドレイプ

「被害者の声を届けたい」。『A-live connect』で代表を務める卜沢彩子さん

 被害者の苦痛、苦悩は大きい。

 若者の居場所づくりなどに取り組むプロジェクト『A-live connect』で代表を務める卜沢彩子さん(29)は大学2年のときにレイプ未遂にあった。忌まわしい記憶は何度もフラッシュバックして甦り、加害者を訴えた民事裁判で“セカンドレイプ”を受けた。

「男女約20~30人の飲み会の帰り道、コートを着ようとした私のバッグを持ってくれた男が“飲み直そうよ”と、しつこく豹変したんです」

 断っても聞き入れてもらえず、男はバッグを持ったままタクシーに乗り込んだ。“強引な人だな”と不愉快に思いながら、バッグを取り返すために同乗した。着いた先は男の自宅だった。

「無理やり自宅に引きずり込まれ、玄関先で抱きつかれてキスされました。抵抗して何度も“やめてください”と言ったけれど、男は動じる様子もなく、下着に手を入れてきました。私が生理中であることに気づくと“そんなにイヤならしかたがないね”と未遂に終わりました」(卜沢さん)

 警察には被害を届け出なかった。証拠がないと思ったからだ。精神のバランスと体調を崩し、1か月後に自殺未遂を図った。その後も犯行シーンを思い出すたび、トイレに駆け込んで声を押し殺して叫んだ。数年後、加害者の男を相手取って民事訴訟を起こした。

「裁判では想像もしなかったことで責められました。なぜ、タクシー運転手に助けを求めなかったのか。なぜ、事件翌日にブログを更新しているのか、と。平常心を装っていただけです。加害者側の弁護士は私の男性関係の質問をしたり、私が言葉に詰まるとすぐ“記録して”と言ったり。ショックで傷つきました」(卜沢さん)

 控訴審を含めて約2年かかった裁判は完全敗訴。弁護士費用約100万円は自腹を切った。加害者が怒鳴ってはいないこと、あからさまな暴力をふるっていないことから、暴行・脅迫要件を満たしていないと判断されたという。

「刑法改正案は厳罰化に踏み切りました。でも、加害者の罪が罪と認められなければ、いくら厳しくしても意味がありませんよね。正直言って、手ぬるい改正だと思います」(卜沢さん)

 性犯罪被害者を支援する4団体でつくる『刑法性犯罪変えよう!プロジェクト』は改正案に一定の評価をしながら、内容が不十分として署名活動を展開中だ。改正案で評価できる点はどこか。