デジタルデトックス(情報遮断)という言葉があります。

 家族や友人と一緒に過ごす時間を確保するために、ITデバイスから離れるという意味を持ちます。強制的に情報デバイスが手にできない状態になることで、外的刺激から距離を置き、身近な人や周囲の環境、自らの内面と静かな対話が始まります。また、一度時間を断つことで、本当に必要な情報が明確になるというメリットもあります。

あなたは大丈夫?スマホ依存度をチェック!!

 スマホ依存、SNS依存がある限り、慢性的な睡眠不足やストレスから逃れることはできません。そこで、下記の9つのチェックリストであなたのスマホ依存度をチェックしてみてください。

(1)食事中にスマホを見ていることが多い

(2)スマホの電波の届かないところには行きたくない

(3)家族や目の前の人とは会話せず、スマホのチェックに没頭する

(4)着信していないにもかかわらず、着信音が聞こえた気がする

(5)フェイスブックに書き込むネタを作るために行動することがある

(6)SNSがなかったら人間関係がなくなると感じている

(7)会議や宴会中も、フェイスブックやツイッターが気になりスマホを見てしまう

(8)時間の浪費になるのでやめようと思うがやめられない

 いかがでしたでしょうか。(1)~(7)の5つ以上当てはまれば要注意!(8)も当てはまるならば、専門的な対処が必要です。

『明日に疲れを持ち越さないプロフェッショナルの仕事術』渡部卓著( Business Life) ※画像をクリックするとamazonの購入ページにジャンプします

スマホ依存にならないために自分に対してルール化しましょう!

(1)一日の使用時間を定める(1時間~2時間)

(2)アラートでタイマーを活用する

(3)不要なお気に入り登録を削除する

(4)ベッドにスマホを持ち込まない

(5)むやみにバッテリーや充電器を持ち歩かない

(6)リアルタイムの受信通知を行わない

 このように自分にルールを化し、少しずつスマホを使う頻度を減らしていきましょう。

スマホ依存から抜け出そう!

 現代ではスマホ依存やSNS依存から抜け出すのは中々難しいですよね。しかし、ずっと依存の状態が続いてしまうと体に多大な影響を及ぼしてしまいます。少しづつでいい・・・出来ることから始めてみませんか?