トレーニング開始。本を、読めない速さで6秒間、素早く目で追う。次に、読み始めに戻り、もう1度、同じことを繰り返す。さらに、もう1回、繰り返し、トレーニング前に印をつけた文字数の3倍を目安に追う。

「読めない速さで、目から脳に情報を送ることで、脳が活性化されて、処理能力が上がります」

 目のストレッチ&速読トレーニングをした後に、本を6秒間、黙読。トレーニング前との文字数の差を計る。

歯磨きをする感覚で朝刊を読む前に行う

 記者も実践してみたところ、トレーニング後は、6秒間に読めた文字数が増加。最初よりも6秒間が長く感じられて、頭がすっきりした感覚になった。

「(トレーニングによって)処理能力の高いエンジンになったので、同じことをしているのに、(頭の)調子がよくなって、楽になったんです」

 ただ、速読トレーニングをするときに、どうしても文字を読んでしまい、字面を追う、見るということに、ちょっと苦労した。

読むことが目的ではなく、あくまで脳を活性化させるためのものなので、慣れることが必要です。そのためには毎日、歯磨きをするような感覚で、続けてもらうことがいちばん大切です。

 例えば、朝刊を読むとき、紙面を2、3回ざっと見たあとで、普通に読むだけでもトレーニングになります」

<プロフィール>
呉真由美(くれ・まゆみ)さん◎速読コンサルタント。“誰にでもできる頑張らない速読”をモットーに全国でセミナーを開催。小学生からプロスポーツ選手まで多岐にわたって指導。著書に『スポーツ速読 完全マスターBOOK』『小中学生のための親子で簡単 速読トレーニング』など

認知症の改善や重度のヤケドが短期間で回復するなどを脳波から検証し脳を活性化させるトレーニングをDVDつきで紹介/『1日5分!脳波で実証!物忘れ&認知症予防速読脳トレ』DVDつき(1400円+税/扶桑社刊)※記事中にある書影をクリックするとamazonの紹介ページにジャンプします