トレンド
2018/7/6

93歳の料理研究家・鈴木登紀子さんの遺言「最後の晩餐は、マグロの赤身ね」

料理研究家料理長寿
週刊女性2018年7月17日号
鈴木登紀子さん
20代のカメラマンから「60代にしか見えません」と言われ、「30歳も違うじゃない~」と爆笑
鈴木登紀子=著『ばぁば、93歳。暮らしと料理の遺言』(主婦と生活社)※記事の中の写真をクリックするとアマゾンの紹介ページにジャンプします
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking