社会・事件
2018/8/4

「沖縄県民の生命や財産は考えられていない」前名護市長、基地建設への怒りあらわに

戦争沖縄基地憲法
週刊女性2018年8月14日号
稲嶺進さん
基地反対を訴えキャンプ・シュワブのゲート前で座り込み抗議に参加する稲嶺さん。※写真提供・渡瀬夏彦さん
「沖縄の基地を引き取る会・東京」主催の記者会見で、稲嶺さんは米軍基地の応分負担を主張
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking