社会・事件
2020/9/16

【動物の「夜間救急病院」密着4日間】 響き渡る鳴き声、ため息そして“慟哭”

家族動物ペット事故病気病院
週刊女性2020年9月29日・10月6日号
[写真 1/8枚目] 犬に点滴をするために、前足の毛を剃る小宮山院長(左)
[写真 2/8枚目] オカメインコの詰まった卵の中身を注射器で抽出する小宮山院長
[写真 3/8枚目] 動物たちのケアは真夜中でも。女性スタッフも多い三鷹獣医科グループ
[写真 4/8枚目] 麻酔で眠らされるハムスター
[写真 5/8枚目] バイクにひかれ顔面が血だらけになった地域猫。痛々しい……
[写真 6/8枚目] 飼い始めた直後に、奇形が見つかったミニチュアダックスフントの将来は……?
[写真 7/8枚目] 重篤なペットたちが入院している酸素室には酸素を送り込む装置、心電図、点滴などが備えつけられている
[写真 8/8枚目] 三鷹獣医科グループ 東京都武蔵野市中町2-6-4 電話:0422-54-5181
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking