芸能
2017/5/21

小日向文世・大杉漣・でんでんの“おじパラ”座談会「僕たちフツーのおじさん俳優です」

対談 ドラマ
週刊女性2017年5月30日号
話し出したら止まらない? 左から大杉漣、小日向文世、でんでん
小日向文世(こひなた・ふみよ)/1954年1月23日生まれ。北海道出身。'77年オンシアター自由劇場に入団。'96年劇団解散。映画『アウトレイジビヨンド』『サバイバルファミリー』、ドラマ『HERO』『真田丸』ほか多数出演。映画『ラストコップTHE MOVIE』(公開中)のほか、『メアリと魔女の花』が7月8日に公開
でんでん/1950年1月23日生まれ。福岡県出身。30歳のときに『お笑いスター誕生』をきっかけに芸能界入り。映画『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』『清須会議』、ドラマ『あまちゃん』『ど根性ガエル』ほか多数出演。映画『たたら侍』(5月20日)、『忍びの国』(7月1日)、『獣道』(7月15日)、『あゝ、荒野』(10月7日前篇、10月21日後篇)が公開
大杉漣(おおすぎ・れん)/1951年9月27日生まれ。徳島県出身。'74年転形劇場に入団。'88年劇団解散。映画『ソナチネ』、『HANA‐BI』、ドラマ『花咲舞が黙ってない』『バイプレイヤーズ』『嘘の戦争』ほか多数出演。現在、ドラマ『光のお父さん』(TBS深夜)に出演中。映画『アウトレイジ最終章』が10月7日に公開
高視聴率ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)のベテラン刑事役で競演中の仲良しトリオ
天海祐希、『緊急取調室』が復活で再び“おじさんパラダイス”に
撮影の合間は、スマホをのぞきこんだり、健康や髪について談笑。天海の楽しそうな表情が印象的
小日向文世 撮影/佐藤靖彦
小日向文世、カップ麺のエビが食べられなくなった理由
ご機嫌な様子の小日向文世と内野聖陽。名演技で「真田丸」を支えた
大杉漣
名刺サイズの台紙に、愛用するペンと濃淡の筆ペンと計3本を使い分けて一気に描き上げる。所要時間は3分程度と早描きだ!
この写真の記事へ戻る
プライムチャンネル

Photo Ranking

あわせて読みたい