さりげなく。でも、積極的に。こちらからも好意を抱く男性からのアプローチは嬉しいものです。でも、好意を抱かない相手となると…

 では、これまでを振り返ってもらい、「理想的だったな〜」と思えるベッドインのアプローチエピソードを語っていただきました。

思い出してもうっとり…。私、こんな誘い方で口説かれました!

「まだ付き合う前、食事のあと終電を逃し家に泊めてもらうことになりました。 寝るときは『絶対襲ったりしないから!』と私だけベッドで寝ることになり、彼は床で。 でも、しばらくして彼もベッドへ入ってきて、それぞれ別々に寝ていました。

 それから、しばらくして私の方から彼の腕をつかみ。そのまま…という感じでした。 その翌日に、彼から告白され付き合うことになりました」(37歳・東京都)

「ディナーでお互いボディタッチが違和感なく受け入れられ、そのままの流れで阿吽の呼吸のような形で、無言の合意でそのまま向かった」(25歳・神奈川県)

「お酒を飲みに行って、電車はあったけど疲れたから休みたいなー、なんて見え見えだったけどわたしとしたいんだろう、と嬉しくなった」(39歳・愛知県)

「車でドライブしてて、次どこ行くかとなって、ホテルに行きたいと言われそのまま誘導される感じが普通でいい」(23歳・静岡県)

 さまざまなパターンがあるようですが、総じて目立ったのが“デートから自然な流れで…”というもの。たいていこういう場合、女は男の下心を見透かしていますが、欲望を意識させずにスマートな流れで誘われると、ベッドに連れ込まれちゃうのかもしれませんね。

 一方で、下心をしっかりアピールすることが「理想的…」と感じる人もいるようで。たとえばこんなエピソードも!

「どうしてもしたいのでうちに来てほしいとストレートに言われた」(36歳・神奈川県)

「ディズニークラシックのCDをかけてくれて、ベッドに腰かけた彼がこっちにおいで、って言ったから行ったら、明かりを消された」(36歳・東京都)

「君とエッチしたい」(25歳・鹿児島県)

「そろそろベッドに行ってもいいかな…」という頃合いは、女性によってまちまち。そして各種のアプローチもさることながら、当然、内心で「OK」と思った相手にしかベッドインは許さないもの。これをご覧の男性の皆さん、アプローチもさることながら、そのあたりの“見極め”についても、お忘れなく!

<文 / 雛菊あんじ>