スペシャルQ&A【小池徹平編】

――柿澤さんには言ってないけど、感謝していることは?

小池 僕が初めて出演したミュージカル『メリリー・ウィー・ロール・アロング』の親友役で出会って、2年前の『デスノート THE MUSICAL』でまた共演して。それからたくさんミュージカルをやるようになったので、きっかけになる2作品で一緒になっているんですよね。ミュージカル俳優として、役者として、すごく刺激を受ける存在で、いい意味で影響ばっかり受けているので、そこはすごく感謝しています。

――柿澤さんに直してほしいところは?

小池 夜中に酔っぱらってかけてくる電話。迷惑です!(笑) それ以外は直してほしいことはないです。

――スマホの今の待ち受け画面は?

小池 自分がダイビングしてる沖縄の海の写真。去年、慶良間(けらま)で撮った写真だったかな。ダイビング歴はまだ3年くらいですけど、少し時間ができると車で神奈川のほうとか近郊の海にも行きますよ。今まで潜ったところで一番きれいだったのは、沖縄ですね。ハワイよりきれいだった。

――あなたにとって愛とは何ですか?

小池 支えじゃないですか。何にしても愛があるっていうのは、大切なコミュニケーションのひとつだし。それは、対人であったり、すべてにものに対してでもそうだし、ペットにもそうだし、愛したぶん返ってくる。愛されてると頑張れるし、ひとりじゃないって実感するし、伝わるものだなと思う。

小池徹平 撮影/廣瀬靖士
すべての写真を見る

――小池さんのトリセツと、柿澤さんのトリセツは?

小池 僕はどれだけ疲れてても、お酒が飲めればもう全部OK! その日一日何があっても。仕事が全部終わったあとにお酒が飲めればOKですね。すごく大事な切り替えです。仕事終わりにちょっと一杯ひっかけてっていうのは、僕にとってのオフのスイッチ。カッキーも一緒だと思う(笑)。家で飲むのは、もうずっと麦焼酎ばっかり。ソーダ割りでレモン入れて。

――生活用品でこだわっているものは?

小池 寝やすくてちょっと大きめのベッドを買ったりとか。歯ブラシは絶対電動がいいとか……なんかそういうこだわりはいろいろありますね。今一番のお気に入りは、やっと買ったダイビングウォッチ。潜るときに水深が常に出るし、コンパスにもなるし、ログがそのままブルートゥースでiPhoneに飛ばせて、全部ログを書いてくれるんでめちゃくちゃ便利で。その時計は大好きですね。最高です!

――人生最後に食べたいものは?

小池 ジンギスカンかな。好きで、もうしょっちゅう食べてるので。僕、焼き肉よりジンギスカン食べるほうが多いと思う。それか餃子。あと納豆かな。餃子も納豆も好きだから。人生最後に飲みたいお酒は、やっぱり麦焼酎のソーダ割りかな。それが一番おいしい! 芋焼酎も飲むけど。麦のほうがソーダに合うんですよね(笑)。

*2人のサイン入り写真をプレゼント!
詳細はこちらからどうぞ→www.jprime.jp/articles/-/10318

<プロフィール>
かきざわ・はやと◎1987年10月12日、神奈川県生まれ。B型。’07年、劇団四季で俳優デビュー。『春のめざめ』主演ほかで活躍。退団後もミュージカル『ラディアント・ベイビー~キース・へリングの生涯~』ミュージカル『フランケンシュタイン』ほか数多くの舞台に主演。『デスノートTHE MUSICAL』(大阪公演:8月19日~21日梅田芸術劇場メインホール/東京公演:9月2日~24日新国立劇場 中劇場)に夜神月役で主演。12月に舞台『アテネのタイモン』に出演。

こいけ・てっぺい◎1986年1月5日、大阪府生まれ。B型。第14回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ受賞。’02年、俳優デビュー。ドラマ、映画、舞台と各方面で活躍。『デスノート THE MUSICAL』にL役で出演。8月13日「小池徹平SUMMER LIVE 2017~OTODAMA SEA STUDIO~」開催。『ロッキー・ホラー・ショー』(11月7日~12日Zeppブルーシアター六本木ほか)に出演。’18年春、ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち』再演決定。

(取材・文/井ノ口裕子 撮影/廣瀬靖士 スタイリング/松下洋介[小池さん]  ヘアメイク/加藤ゆい[fringe])