キムタクごはん? コバトンパン?

 ここからは地域色の豊かな給食を深掘りしてみた。

「コバトンパンは埼玉限定メニュー」(埼玉県・20代=会社員)

 コバトンパン!? 埼玉県学校給食会に尋ねると、

「コバトンパンは、’04年に開催された『彩の国まごころ国体』に合わせて企画された学校給食用パンです。形状はメロンパンに近く、以前はチョコ味もありましたが、現在はミルク味のみ。パン底には国体のマスコット『コバトン』の焼き印が押され、包装袋にもコバトンがプリントされています」(事務局)

埼玉県の『コバトンパン』。コバトンの焼き印がかわいい
すべての写真を見る

 国体終了後も存続を望む声が多く、コバトンは’05年から正式に埼玉県のマスコットに就任している。

 驚きのネーミングなのが、

「キムタクごはん」(長野県・30代=自営業)

 元SMAPが給食に!? 塩尻市役所に問い合わせてみると、

「白菜キムチとたくあんを混ぜたごはんのことです。もともと長野県は野沢菜漬けなどの、漬物文化があります。子どもたちに漬物をもっと食べてもらおうと、’02年に考案されました。確かにネーミングがタレントさんの愛称と同じ部分はありますが、ちゃんと商標登録もされています」(教育総務課学校給食係)

木村拓哉もびっくり(!?)な、塩尻市のキムタクごはん。学期に1回程度出されている。「キムタクが出ると児童は大喜びです」(塩尻市役所)

 子どもたちにも非常に人気のメニューで、地元では、某大手コンビニでも『キムタクおにぎり』が売られていたこともあるとか。