豊は、たいてい妻に対する不満を口にした。

奥さんとは、友達同士のような感じで結婚したらしく、今では寝る部屋も別みたいで、典型的なセックスレス。子どもが生まれて以降は、夜の生活は全くないみたいで、今のお子さんが9歳くらいだから9年間(!)。奥さんが露骨にセックスを避けるようになったらしくて、表には出さないけどかなり傷付いているみたいです。ただ、子供は可愛いから、別れることはできないって。それはずっと前から言っていますね。彼がいる部屋にエアコンないらしくて、それを設置する、しないでモメてるぐらいで。これは本当に家庭内別居かなと」

 落としたいと思っていたときは、さほど心が揺れなかった理沙――。

 子供を愛する豊の気持ちは分かる。だから、彼にバツをつけたくはないし、つけさせるつもりもない。それは再三話し合ってきたつもりだ。しかし今は正直なところ、その抑え込んだはずの恋心が、日に日に膨れ上がって揺れ動いている。

昔は彼の結婚生活に破局は望んでなかったんですが、今は、奥さんと離婚すればいいのにと内心では思っています。でも、彼にとっては、子供が一番可愛いのはすごくよくわかる。“じゃあ、奥さんが浮気してたらどう思う?”とか、“奥さんから離婚を切り出してこられたらどう思う?”とかよく聞くんですけど、それなら離婚するよと言ってくれる。嘘をつくような人じゃないですし、私は信じたい。だけど、やっぱりもっともっと会いたいと言って、結構困らせたりしちゃうんです。もう少し考えてよと言われるんですけど。

 普通の恋人同士だと会えているのに、不倫だと一緒にいる時間も限られるし、はっきり言って不満。普通じゃない関係だから仕方ないんだと思うんですけど、どうしても割り切れない思いがあるんですよね。それが本当につらいんです

豊の存在は「心のライフライン」

 常に誰かとつながっていないと不安になる理沙にとって、性的なものを含めた豊との関係性が1つの「救い」になっていることは間違いないだろう。「心のライフライン」と言ってもいいかもしれない。しかし、依存傾向が暴走して相手の家庭を壊すことになれば、その大事な「救い」「心のライフライン」をも台なしにしてしまうかもしれず、そのような事態になれば理沙も正気ではいられないだろう。それは、今後の理沙の行動にかかっている。

 インタビューを終え、スマホを鞄に戻す理沙の横顔をみながら、この後、彼女が行くと言っていた地元の祭りで、どんな振る舞いに出るのかを想像した。彼女は、祭りに来ているだろうという、楽しく笑い合う豊の家族を初めて見たとき、どんな顔をするのだろうか。案外平常心でいられるのだろうか……。

 理沙は、落ち着かなそうに、はにかみながらつぶやいた。

きっと、奥さんを見ても、子供を見ても、心は動かないって自信はあるんです。奥さんを見つけたら、“同じ会社でお世話になってます”ってそれだけ言おうかなと(笑)。彼にちゃんと紹介してもらうつもりです。なんだったら、“お子さんの顔を毎日見てます。父親譲りのハンサムな子ですね”ってサラッと言ってみたり(笑)。いざとなると、何が起こるのか予想ができないですね。感情が揺れたりはないと思うんですけどね、多分……」

 池袋駅の人ごみに消えていく理沙のシルエットを追いながら、セックスレスで冷え切った家族のその後に、ついつい思いを馳せてしまった。

本連載ではご自身の不倫について取材させていただける女性を募集しております。こちらの応募フォームからお申込みください。

<著者プロフィール>
菅野久美子(かんの・くみこ)
1982年、宮崎県生まれ。ノンフィクション・ライター。
最新刊は、『孤独死大国 予備軍1000万人時代のリアル』(双葉社)。著書に『大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました』(彩図社)などがある。孤独死や特殊清掃の生々しい現場にスポットを当てた、『中年の孤独死が止まらない!』などの記事を『週刊SPA!』『週刊実話ザ・タブー』等、多数の媒体で執筆中。