10代とか20代前半のときはヘンに周りを意識しすぎてた

 内田はプライドが高く、口を開けば悪態をつく“こじらせ女子”を演じているが……。 

内田「今回演じた優子とはベースが似ているなって。例えばペラペラしゃべるわりに大切な思いを伝えるのが下手だったり、強がりなところとか。今はすごい気をつけているけど、わりと人のせいにする感じとか(笑)」

内田慈 撮影/佐藤靖彦

松本「私は役とリンクするというより共感できたのが、10代とか20代前半のときってヘンに周りを意識しすぎてたなって。すごくプライドが高くなっちゃったり」

内田「カッコ悪いところを見せたくないんだよね」

松本「そう。“なんであの子が出てるのに、私が出られないの”っていうひがみがあったり。でも30代にもなると、別にそれもいいじゃんって思えてくる。例えば、この仕事をしていると、必ず“かぶる”人っていません? 出演候補がニコイチで残ってて、“もう1人は誰ですか?”って聞くと、“またあの子!?”みたいな(笑)」

内田「あ~あるある! で、結果、選ばれなかったり(笑)」

松本「そういうのも、もちろん自分の中の嫌な部分で“あそこのシーン、私だったらこうしたのに”みたいなところはあるけど、結局は“やっぱりあの役はあの方だったんだな”って。そう思えるようになったのは30歳過ぎてからかも」

内田「本当にそうだよね。私も自分が出られなかった作品を見て、正直“面白くないといいな”って思うところもあって。20代のときは自分に自信がなかったから特にかな。でも結局、面白くなくても嫌だと気づいて。そう思えた30代からは、誰かと比べてではなく自分との闘いだと思っています」

松本若菜 撮影/佐藤靖彦

 厳しい芸能界を生き抜いてきた2人。30代に入ってより充実した仕事ぶりを見せているが、プライベートの暮らしは昔とほとんど変わらないという。

内田「私はもともと質素で、風呂ナシに住んでいた時代もあったせいか、こぢんまりとした生活が好きなんです。今も古い一軒家に住んでます。若菜ちゃんは?」

松本「そうだな。例えば今までは安い小松菜198円を買っていたのが、ちょっと高い238円のホウレンソウを選べるようになったとかはあります(笑)。でも全身ブランドで固めて……とかはない。そっちに染まりたくないんです」

内田「そうなんだよね。“芸能人だぜ、女優だぜ”みたいにはなりたくないし、自分がなれるとも思っていないんです」

松本「それに、この年になってもさんざん母親から“実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな、だからね!”って。あんたが調子に乗ったらせっかく築いてきた関係性もどんどん崩れていくんだからねって強く言われています」

内田「本当それって大事なことだよね」

松本「そう。これからも地に足をつけて、しっかりと歩んでいきたいです」