「あ~恋して~な~」って気持ちはあるけど…

――恋愛観も伺いたいのですが、二人で恋愛の話もしますか?

塩田 ああ~、しますよ。一馬モテねぇな~って(笑)。

川原 アハハハハハ! 女っ気がなさすぎるんで。

塩田 アハハハハハ! 一馬はシャイなんですよ。

川原 いや、単純に今、求めてないから(笑)。

塩田 ああ。でも求めてるときもあるんですよ。

川原 すごい心に余裕があるときはね。「あ~恋して~な~」って気持ちはあるんですけど。今は自分がやりたいことを優先してるから、そこに頭がいかない。

塩田康平 撮影/廣瀬靖士

――どういうのが理想の恋愛ですか?

塩田 家でご飯を作って待っててくれるとかは、いいですね。一馬はどうなの?

川原 基本、一人でいるのが好きなので、その一人の時間をキープしつつ一緒にいられる人がやっぱりいいなとは思いますね。

塩田 多少、大人な人がいいってことだね、精神的に。

川原 うん。同じ空間に、気を使わずにナチュラルにいられる相手じゃないと。

塩田 最初からは無理だよ(笑)。

川原 うん。無理だと思う。

――恋人に求める条件をあげるとするとどんなこと?

塩田 古いかもしれないけど、人前で男を立てられる人がいいですね。自分と二人のときは、全然こき使ってくれてもいいんですけど。

川原 康平と近いんですけど、結構これは俺にとって大事で。彼女ができたら友達に会わせたいっていうのがあるので、紹介したときに笑顔で話せる人かどうかっていうのはすごく大事。社交性がある人がいいです。

――最後に改めてお互いはどんな存在ですか?

塩田 どんな存在か……ライバル。

川原 うん。ライバルでもあるし、お互いにこれからも役者を続けていくなら、このままの関係は絶対に続くんだろうなっていう存在ですね。

塩田 ライバルがいないと伸びないですからね。