難解な法律用語もNGなし

(c)テレビ朝日
すべての写真を見る

 “セリフ覚えは早い”という北川は、難解な法律用語も間違えることがなかったという。

セリフを言い間違えたNGというのはありません

 クライマックスの法廷シーンは10分にも及ぶ長いものですが、かなり早い段階からセリフを完全に頭に入れていたようです。

 迫力満点のシーンになり、撮り終えた瞬間は“やりきった”というとてもスッキリした顔をされていました。きっとセリフを早く吐き出したかったのでしょう(笑)

ふつうかな? おネエかな?

 松重豊が演じる唯の行きつけのバーのマスター・筧田にも注目。

「櫻井さんから筧田についてのみリクエストがあったんです。“ふつうかな? おネエかな?”くらいの感じの演出を、と(笑)。松重さんは楽しみながら絶妙の筧田を演じてくれました

 指定弁護士の唯は、最後は“黒”の真実を明らかにできるのか? 余韻の残る、気持ちのいい結末は必見です!

唯&隆司の夫婦にも変化が

(c)テレビ朝日

 唯と橘のバディが見どころだけど、すれ違い続きの唯&隆司の一ツ木夫婦の関係の行方も注目ポイント

「指定弁護士を経験することで唯は法律家として、人間としても成長していきます。

 私生活でも、まるでタイプの違う隆司との関係にも変化が起きますので、見届けてください」(竹園P)