5位『Don't wanna cry』

 67票(男性11票/女性56票)

Don't wanna cry
※記事の中で画像をクリックするとamazonの紹介ページに移動します
すべての写真を見る

「あきらめることゆるしたらHelloだっていえなくなるから、という歌詞で、日々の辛さも頑張れました。そして、逢いたい人がいる〜というところで、その時々の思い入れのある人を思い浮かべられるので、いつまでたっても色あせない歌詞&曲だと思うからです」(事務・40歳・男性・あーるさん)

「安室ちゃんが社会ブームを巻き起こしていたときによく聞いていた。テレビに出る彼女のパフォーマンスをまばたきせずに必死で見ていた。ファイナルツアーの映像を見ながらこの曲を一緒に口ずさんでいると、自然に涙が流れてきたときに、自分の中での安室ちゃんといえば、この曲なのかなと感じた」(教育関係・36歳・女性・ゆっこさん)

「いわゆるブラックミュージックを日本人が歌っているのを初めて見たのが安室奈美恵さんでした。小学5〜6年生でカラオケで必ず歌っていました」(事務・33歳・女性・みかりさん)

「学生時代の時、初彼氏ができた時この曲がよく流れていました。ミスティオのCMのバックに流れていたと思いますが初キスがミスティオを飲んでいたせいかミスティオ味でとても懐かしい曲だなって甘い思い出もよぎります笑」(パート/アルバイト・34歳・女性・まりさん)

「学生の頃に落ち込むとこの曲を聴くと自然と頑張れる気がして今も、落ち込んだりすると聞いて勇気と元気をもらってます。幸せは自分の手でつかむことを教えてくれた一曲です」(事務・38歳・女性・もこさん)

6位『Love Story』

 42票(男性9票/女性33票)

Love Story
※記事の中で画像をクリックするとamazonの紹介ページに移動します

「Love storyが発売された頃に、その当時付き合っていた彼氏と別れました。訳あって別れないといけないことになったので、歌詞の中の“誰よりもきっと愛しているけど”“生まれ変わっても愛し続けるけど”別々の道を選んだ歌詞の中の二人と自分たちを重ね合わせていました。今でも本当に彼を愛し続けています」(事務・28歳・女性・菜那さん)

「今の旦那と別れるか悩んだ時に良く聞いていた」(パート/アルバイト・48歳・女性・えんちゃんさん)

 

7位『Say the word』

 41票(男性5票/女性36票)

Say the word
※記事の中で画像をクリックするとamazonの紹介ページに移動します

「私達ファンの為に、1番辛い時に踏ん張って前を向いてくれた安室ちゃんを思い出す曲です」(パート/アルバイト・39歳・女性・ぴろこさん)

「安室ちゃんの特集番組の中で、安室ちゃんが初めて自身で作詞した曲だと知りました。試行錯誤して一生懸命作り上げた歌だという想いや、息子さんへの強い想いから生まれた詞なのかな、とか考えると涙が止まりません。ここから悩み、もがき続けて、今まで頑張ってくれたからこそ、私たちファンも応援し続けてこられた。その事に感謝です!!」(金融・30歳・女性・あやのさん)

「彼女自身の作詞だから。小室プロデュースから離れ、本格的にアーティストになったように感じた」(販売・36歳・男性・よっすいさん)