話し方講座『ことばのアカデミー』のオフィシャルHPより
すべての写真を見る

 そんな景子夫人と花田氏との共演へ、テレビ局は熱烈なオファーを出している。

「10月29日に花田氏が出演したバラエティー番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)が高視聴率を記録し、各局から出演オファーが殺到しているようです。特に夫婦共演なら1回500万円出すという番組もあるようですよ」(テレビ局関係者)

総理も望む参院選の出馬

 知名度は抜群なだけに、タレント価値が高いのは間違いない。元アナウンサーの妻とタッグを組めばテレビ界の横綱を目指すことも夢ではないはずだが─。

「私は、貴乃花はタレントだけにはならないと思いますよ。どんなことをするかは聞いてませんが、彼は賢い男だからね」(前出・辻本氏)

 もうひとつのビッグプランとして報じられているのが、政治家への転身だ。来年7月に行われる参議院選挙での出馬が取りざたされている。

「花田氏は相撲協会を退会した3日後には永田町の議員会館を訪れ、元文部科学相の馳浩衆院議員と面会している。

 両人とも参議院選出馬の話はしなかったと言っていますが、馳側から選挙に関する話はあったと思いますよ。どちらかと言えば、花田氏より自民党のほうが、彼を担ぐことに熱くなっていますからね」(政治ジャーナリスト)

 さらに、花田氏にはこんな政界人脈もあるという。

「貴乃花を可愛がっていた故・北の湖理事長は、安倍総理の父親である安倍晋太郎元外務大臣と親交が深かった。それは息子の安倍総理にも引き継がれ、北の湖さんの葬儀には総理が弔辞を送っています。

 そんな仲でしたから、自分の後継者と公言していた貴乃花を総理に紹介していないはずはない。だからこそ総理も“ぜひ貴乃花を参院選に出馬させたい”と思っているのでしょう」(ある政界関係者)

 そこで、金銭的なことや将来のプランについて、花田氏の代理人である石原修弁護士に質問状を送ると、金銭的に窮していることを否定したうえで、

「(旧貴乃花部屋の賃貸契約を続けることは)今後とも続けてまいります。今後は子どもの教育に携わるようなことをやっていければと思っております」

 との回答が寄せられた。

 ガチンコ勝負にこだわり続けた“平成の大横綱”は、これからどんな姿を私たちに見せてくれるのだろうか─。