11月9日の午後2時過ぎ、黄色地に紅葉模様があしらわれた秋らしい着物姿でお出ましに

「11月9日の午後、東京・赤坂御苑で天皇・皇后両陛下が主催する秋の『園遊会』が行われ、出席者は約1800人にのぼりました。

 主な招待者はスポーツや文化事業などの各界で功績を残した人々が選ばれます。今年は、脚本家の三谷幸喜(57)や、平昌パラリンピックで金メダルを獲得した成田緑夢選手(24)などが出席していました」(皇室担当記者)

 今回の女性皇族方は、それぞれ艶やかな着物をお召しになり、招待者との会話を楽しまれていた。

 園遊会では毎回、そのときどきで招待者がかわるのだが、'14年秋の園遊会に出席した歌手のイルカ(67)に、当時の思い出を聞いた。

美智子さまはイルカが出演した歌番組をご覧になったというお話もされた('14年11月)

「非常にうれしかったのは、美智子さまが“きれいなお着物ですね”とおっしゃってくださったことです。“私が描いたものなんです”と話すと、“まあ!”と驚いてくださって」

 この日にイルカが着た着物は、自身がデザイン・手描き・染めをしたものだったという。

「私が制作している着物はすべて、国際自然保護連合(IUCN)の親善大使としての立場で描いているので、生物多様性や絶滅危惧種などをテーマにしています。

 このときの着物には、里山の生き物たちが、食べものを分け合って暮らしていくというメッセージを込めました。秋の里山を代表する生き物たちであるウサギやサル、タヌキなども描き、深い緑色をベースに真っ赤な紅葉を散らしたものです」

 陛下がご研究を続けている“あの動物”にも話が及んだそうで、

「天皇陛下がタヌキの研究をされているということを思い出して、“ご研究はどうなさっているんですか”とお聞きしたところ“今はまだ進んでいないですが、今後続けようと思っています”とお答えくださいました。

 その際、着物の後ろの裾にあたる部分にも、タヌキの絵が描かれていることを思い出したんです。背中を向けると失礼だと思い、身体をひねってお見せすると、“タヌキですね!”と両陛下がとてもお喜びになっていたことが印象に残っています」(イルカ)