唯一無二な俳優仲間

中川晃教 撮影/佐藤靖彦
すべての写真を見る

 ニックの弟でロマンチストな詩人のナイジェルを演じる平方元基さんとは、以前、週刊女性の友人対談(*記事はコチラ)にも登場した大の仲よし。

「兄弟役はぴったりだと思います。先日も一緒の現場で、いいコンビが組めそうだねって(笑)。

 以前、僕がピアノを弾いて元基が歌って踊って、ふたりで2時間ぶっ通しで即興ミュージカルをやったことがあるんですけど、そんな遊びができる唯一無二な俳優仲間。

 ニックとナイジェルは兄弟ふたりでミュージカルを作っていくので、あのときの汗がこの作品につながるんだみたいな話をしました」

 今年も『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~、『ジャージー・ボーイズ』と2本のミュージカルに主演するなど、多忙な中川さんの気分転換はちょっと意外。

「洗濯が、けっこう今の自分の気分転換になってます。Tシャツを洗うときは脱水1分で、20回パンパンパンって叩(たた)いて干すと、ほんとにシワがなくなってキレ~イに乾くんですよ。

 その方法を知ってから楽しくなって。夜にパンパンパンってやって、朝に乾いてるTシャツのいい香りをかいで、おお~ってなって出かけるっていう(笑)」

 最後に読者へのメッセージをお願いします。

「『サムシング・ロッテン!』はとにかく笑いがあって、全編を通してとてもポップなアメリカンポップスが味わえる小気味いいミュージカルです。

 ニックとナイジェルのボトム兄弟が新しい夢を持って作っていこうとする物語なので、このミュージカルが夢とか希望とか元気とか見方が変われば自分の生活も変わるかもしれないと思うきっかけになったらいいなと思っています」

『サムシング・ロッテン!』
■ミュージカル『サムシング・ロッテン!』
舞台は1595年、ルネサンス時代のイギリス。売れない劇作家ニック(中川晃教)と詩人ナイジェル(平方元基)のボトム兄弟が、絶大な人気を誇るウィリアム・シェークスピア(西川貴教)と競いながら舞台芸術業界で成功を目指す。シェークスピアの戯曲、名作ミュージカルへのオマージュが随所に登場する極上のコメディーミュージカル。東京公演:12月17日~30日@東京国際フォーラム/大阪公演:2019年1月11日~14日@オリックス劇場【公式HP】http://www.something-rotten.jp

PROFILE
なかがわ・あきのり●1982年11月5日、宮城県出身。シンガー・ソングライター、俳優。現在のミュージカル人気を牽引するひとりとして幅広く活躍。2020年1月にミュージカル『フランケンシュタイン』再演も決定。'19年1月25日「中川晃教コンサート at東京文化会館2019」、2月23日~24日「中川晃教弾き語りコンサート2019 in HAKUJI HALL」開催。

(文/井ノ口裕子)