《牛乳を注ぐ女》1658-1660年頃 アムステルダム国立美術館Rijksmuseum.PurchasedwiththesupportoftheVerenigingRembrandt,1908

 かつては展示物を鑑賞するだけという受け身の要素が強かった美術館や博物館。だが近年、ただ見る・学ぶだけのスポットから変わりつつある。企画や催しを体験できたり、“インスタ映え”を狙って撮影できたりと、世代や国籍を問わず親しみやすくなっているのだ。

建物や周囲の自然と融合した施設が人気に!

「知識や教養がないと楽しめないような展示方法だったり、敷居が高いものは、もう古い。訪れる人の誰しもに魅力が伝わる仕掛けを盛り込んだ施設が人気となっています」

 こう教えてくれたのは、美術館や博物館に詳しいライターの浦島茂世さん。

 その傾向は、訪れた人の評価にも表れている。大手口コミサイト『トリップアドバイザー』が調査した最新の人気ランキングによると、美術館の場合、収蔵作品はもとより、建物や周囲の自然をも含めて総合プロデュースされた施設が上位に。  

旅好きが選ぶ!美術館ランキング2018(『トリップアドバイザー』調べ)

「1位の『豊島美術館』は島の自然と融合した斬新な作りが美しい。3位の『根津美術館』は新国立競技場を設計した建築家・隈研吾氏による建物と周辺環境の調和が素晴らしい。都心ながら秋には紅葉も見事で人気です」(浦島さん、以下同)

 自然の美を取り込む展示や作品は、ここでしか体験できない希少性があると口コミやSNSで話題に。評判を聞きつけて、ミュージアムを目当てに日本を訪れる外国人も増えている。

 なかでも6位の『足立美術館』は、5万坪もの庭園が外国人観光客の心をとらえ、2018年4月〜9月は前年同期比39・8%増の約2万2000人が来訪。国際定期便がある米子空港やクルーズ船が寄港する境港からの観光客も急増し、地域経済活性化の一因ともなっている。

「日本庭園の素晴らしさを感じていただけるのは世界共通のようで、今年度の外国人入館者は、過去最高の4万人も見込めると思います」(足立美術館・武田亘さん)

 こうした傾向を受けて、文化庁は2020年東京五輪に向けて訪日観光客の呼び込みを強化。文化財の解説に英・中・韓の多言語対応を進める事業を展開している。