「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「良いヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。
既婚男と不倫する女性が妻に攻撃をしかける“ヤバ女”になりがちなのはなぜか(写真はイメージ)

第12回 江夏詩織

 2018年も残り少なくなってまいりましたが、このタイミングで今年一番ヤベェ女が現れました。悪い意味での「ヤバジョ・オブ・ザ・イヤー」を進呈したいのは、モデルの江夏詩織です。

 昨年の4月、RIP SLIMEのSUが『FRIDAY』に22歳年下のモデル・江夏詩織とのデート現場を激写されました。SUは歌手の大塚愛と結婚していましたから、不倫です。SUは所属事務所から謹慎を言い渡され、グループも活動休止に追い込まれてしまいました。SUが反省していると思しきコメントを出したことから、夫婦関係を修復するかと思いきや、11月21日に離婚を発表しました。

 複数のスポーツ紙の報道によれば、大塚は江夏から嫌がらせを受けていたそうです。SNS経由で「別れろ」というメッセージを送ってくるなど行動はエスカレートし、警察に被害届を提出したそうです。身の危険を感じた大塚は、子どもを連れて別居、そして離婚を決意した模様。

 不倫となると、今さら珍しくもなんともないわけですが、「被害届を出すほどの嫌がらせ」とは穏やかではありません。さらに、この江夏のインスタには匂わせ疑惑も複数あるのです。

匂わせ疑惑その1
不倫相手の名前連呼説

「欲しい色のリップがどこにも売ってない」「絶妙な色のリップを探しているんです」とツイッターで「リップが欲しい」を連呼する江夏。モデルですから化粧品の話をするのは不自然ではないのですが、この投稿は今年の10月になされています。SUと大塚の離婚が正式になるちょっと前であることを考えると、「リップが欲しい」という意味の言葉から、RIP SLIMEのSUを大塚から奪いたいと連想する人もいるはず。この他にも、『anan』のインタビューで趣味はスライム作りと明かすなど、意味深な発言を続けています。

匂わせ疑惑その2
不倫相手のメガネをかけて、妻と同じポースで撮る

 大塚が離婚を発表した前日に、江夏はインスタを更新しています。江夏が流行のメガネをかけているのですが、この丸い眼鏡、SUがテレビ出演していた時にかけていたものと酷似しているのです。また、画像のポーズが大塚のオフィシャルサイトのポーズと似ていると話題になっています。眼鏡もポーズもそれほど個性的なものではないので、偶然の一致だと言えばそれまでですが、とりあえず江夏に「誤解を招くことはしない」という感覚はないことだけは確かです。