写真はイメージです

 2週連続の日曜日に、明らかに毒殺された猫の死骸が発見された。場所は神奈川・相模川の河川敷。11月18日に4体、25日に1体、計5匹の猫が何者かに命を奪われた。

涙ぐむ女の子

 18日午前8時ごろ、同所を散歩していた70代の女性が第一発見時の恐怖を語る。

「死んでいる、とは思いましたが、最初は毒が原因だとは思いませんでした。もう、気が動転してしまって……。

 そこから数十メートル離れた場所でもう1匹猫が死んでいて、すぐ近くに毒の混ざったようなエサが置いてあったので、警察に通報しました」

 付近の飼い主が猫を河川敷に捨てることも多いそうで、

「市では地域の野良猫を地域猫として、自治会で管理する取り組みを行っています。エサをあげる時間、トイレの設置などルールを設けています」

 と相模原市保健所・生活衛生課の笠原正則課長。猫と住民の関係が、前出の70代女性の証言からもわかる。

「4匹目に発見された猫は体が黒くて足元が白かったので“たびちゃん”と呼ばれて可愛がられていました。近所に住む女の子は“たびちゃんがかわいそう”って涙ぐんでいて……。私もショックです」

 と表情を曇らせる。

 3匹目の猫の死骸を最初に発見した50代の女性は、

「青い粉が混入したキャットフードが置いてあったので、これは事件だと思いました。毒を食べたとみられる猫は河川敷の茂みや公衆トイレの裏などで泡を吹いて死んでいました。死骸には嘔吐や脱糞した痕があり、苦しかったんだと思います。安らかに死んだんじゃありません!」

 と憤りを言葉に込めた。

 地域の人が朝のエサをやる前に、猫たちは相次いでやられた。計画性がうかがえる。

 猫の保護活動を行う『たんぽぽ あだぷしょんぱぁく』(相模原市)の獣医師は、

「猫や犬は、食べ物の色ではなく、匂いで判別します。“おいしい匂い”がすれば、反応して食べます」

 と説明。こう付け加える。