松坂桃李 撮影/伊藤和幸

「10月に、30歳になりました。誕生日は事務所の方たちにサプライズで祝っていただきました。

 映画の原作者の先生と対談するから、とお寿司屋さんに呼び出されて“寿司屋で対談? 珍しいな”と思いつつ、お店の扉を開けたらみんなが“桃李くん、おめでとう!!”って。

 うれしさ反面、来年もちゃんと祝ってもらえるように頑張ろうと思いました」

 朝ドラに始まり、映画に舞台、連続ドラマと大活躍だった松坂桃李。そんな2018年ももうすぐ終わり。忘年会シーズン真っただ中だが、

「いつも事務所の忘年会は、新人から先輩の順で挨拶をしていくんです。

 男性俳優部門では(中村)倫也さんが最後で、僕はそのひとつ前。もう浮わついたピヨピヨしたことは言えない(笑)。

 倫也さんは話すことを1週間ほど前から考えるそうなんです。僕はその場で考えるタイプですが、その日までに感じたことをちゃんと今年の締めとして言えたらいいなと思っています」

 そんな松坂の'19年は、主演舞台『ヘンリー五世』で幕を開ける。本作は、'13年に故・蜷川幸雄さん演出で上演した『ヘンリー四世』のその後の時代を描いたもの。

 前作でハル王子役だった松坂は、今回、イングランド王へと成長したヘンリー五世を演じる。

「前回は6年くらい前。当時の僕はまだ経験が浅く、しかも蜷川さんの作品は初めてで。稽古場には、ガチガチに緊張して行ったのを覚えています」

 経験は少ないながらも、ひとりの役者として接してもらえたことがうれしかったと振り返る松坂。

 蜷川さんから言われた、ある言葉が忘れられないという。