昌晃さんの葬儀に参列したMさんと三男・勇気(左)、次男の亜希矢

 昨年7月に平尾昌晃さんが亡くなって1年。平尾さんの3人目の妻が60億円もの遺産をひとり占めしようとしていることを三男の歌手・勇気が9月に週刊女性で独占告発した。

「亡くなる5年前に結婚した元マネージャーのMさんですね。今年7月の一周忌イベントに勇気さんの姿がなかったので変だと思っていましたが……」(スポーツ紙記者)

 勇気が明かしたMさんの行動はあまりにも不可解だ。

(1)『単独用』と『共同用』があるJASRACの相続書類のうち『単独用』しか見せず、承継者の欄は空白のままハンコを押すように迫る。 

(2)平尾さんの著作権を管理する『エフビーアイプランニング』(F社)に自分の妹を役員として引き入れようとする。

(3)平尾昌晃音楽事務所が6億円の価値がある自社株1万7000株をF社から850万円で買い取っている。

「Mさんは何も変わらない」

「勇気さんと2人の兄がMさんをF社の社長から退任させましたが、音楽事務所の代表取締役は留任。勇気さんサイドは9月21日にMさんの音楽事務所の代表取締役の執行停止の仮処分を東京地裁に申請して受理されています」(同・スポーツ紙記者)