記憶や心に残るステージを作るべき

 子どものころから俳優になりたいという希望も持っていたというソンジェさんが俳優として舞台に立つときに心がけていることは。

「歌手であれ俳優であれ、やはり記憶に残るような心に残るようなメッセージのあるステージを作るべきだと思っています。俳優としてはお客様が満足するような作品を作りたいと思っていつも舞台に立っていますし。歌手としてコンサートをするときも一緒で、僕はもちろんファンのみなさまが満足できるようなステージを作りたいと思っています。毎回せめてこの公演だけはって。

 今回の舞台『私のホストちゃん』はさらにそうしたいと思っています。内容もお客様を楽しませるというものですし、さらに満足させたい。何度でも見に来てくれるように(笑)。

 僕の仕事はファンのみなさまに楽しみや喜びを与えるような職業だと思いますし、そういう意味ではホストとの共通点は多いなと思います。なので、さらにこの舞台が楽しみで頑張っていこうという気持ちになりますね

ソンジェ 撮影/廣瀬靖士
【写真】透き通るような眼差しのソンジェ

 SUPERNOVAのメンバーは、今作へのチャレンジを応援してくれていると同時に心配もしてくれているそう。

「今まで活動してきたなかで韓国と日本の往復はかなりの頻度でしていますが1か月以上の長期滞在というのは今回が初めてなので、そのことはみんな心配してくれてます。でも“今回の作品はあなたの成長にもつながるよね”と言ってくれてますね。

 中でも日本で長期滞在しながら舞台(ミュージカル『プリシラ』2019年3月再演)に出演した経験のあるユナクは、“大変だけど、それを乗り越えたら、すごくプラスになる仕事だと思う”と自分のことのように喜んでくれました

 日本での滞在で楽しみにしていることは?

「稽古と公演を除いては、やはり日本の方々ともうちょっと仲よくなれるようなことをいま考えているんですね。個人的には日本語の勉強をしながら、YouTubeで日本での僕の生活を発信できるように準備しています。ファンのみなさまと共有しながら楽しんでいきたいと思ってます」

 最後にファンと読者へ意気込みとメッセージを。

「足りない部分もたくさんあると思いますけれども、僕の持っているすべての力を出すので、みなさまの温かい応援と励ましとでまたいろいろなことを教えていただければと思います。僕も勉強して学んでいくような思いで頑張ります」

舞台『私のホストちゃん THE PREMIUM』
人気モバイルゲームからテレビドラマ化を経て、2013年にスタートした舞台版シリーズの第6弾。ホストのきらびやかで厳しい世界をコメディー・タッチで描き、歌とダンス、実際に観客をアドリブで口説く“口説きタイム”などの演出を織り交ぜたライブ・エンターテイメント。

東京公演:2月1日~24日@オルタナティブシアター
名古屋公演:3月2日~3日@ウインクあいち 大ホール
大阪公演:3月8日~10日@松下IMPホール
【公式HP】http://www.hostchan.jp/

<プロフィール>
そんじぇ◎1986年11月17日、韓国・ソウル出身。2007年、男性ダンスボーカルグループ「超新星」として韓国デビュー後、2009年に日本でCDデビュー。俳優としてもミュージカルなどで活躍。2018年、グループ名を“SUPERNOVA”に改名し4年ぶりにグループを再始動。映画『L♪DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の挿入歌『Everytime』が3月リリース予定

<取材・文/井ノ口裕子>