船越英一郎

オンナアラート #24 『トレース〜科捜研の男〜』

 昔、編集者のオジサンに電話口で突然、怒鳴られたことがある。原稿の内容変更について話していたのだが、事前に聞かされていない理不尽な要求をされたので、確認をしたところ、突然ブチ切れられたのだった。

 そのオジサン、あとから聞いた話では感情の乱高下が激しく、人望も限りなく薄い人だったらしい。そして定年間際にひと花咲かせたいという欲望が沸いたらしく、突然、若手育成に躍起になっていたという。

 そんな話を思い出してしまったのは、月9のせいだ。『トレース~科捜研の男』(フジテレビ系・毎週月曜よる9時)に出てくる刑事役の船越英一郎が、なんというか、トラウマレベルで「怒れるオジサン」だったから。新年早々のオンナアラート、決定です。

 主人公・錦戸亮が勤める科捜研に恨みでもあるのか、初回放送ではやたらと怒鳴りつけて威嚇する船越。緻密に、かつ慎重に検証をしていく錦戸を「小僧」呼ばわりし、「俺の捜査に口出す気じゃねぇだろうな」「なめてんのか、てめえ」「科捜研は言われたことだけやってりゃいいんだよ!」「誰にモノ言ってんだ?」「研究者の分際で」と、パワーハラスメント発言の連続だ。パワハラというよりはマウンティングかな。

 言葉だけではない。机をバンと叩く、ドアをバーンと開く、資料を奪い取ったり、叩き落としたりもするし、イスを蹴飛ばしたりもする。言動がとにかく荒っぽく暴力的で、心臓がドキドキする。

 え、船越、これはさすがに損な役じゃない? サスペンスの帝王は基本的に知的で情に厚くて人望もある役が多かったのに。なぜこのような演出になったのか。