“大阪のオバチャン”言えば、パッと頭に浮かぶのはヒョウ柄・パンチパーマ・アメちゃんの3点セット。現在も大阪にはこの3つの特徴を兼ね備えたオバチャンたちがひしめいているのか、はたまた、ただの都市伝説に過ぎないのか……!? 突撃取材にて、真実が明らかに!

街じゅうヒョウ柄だらけなの?

 ヒョウ柄ファッションがトレンドとなっている昨今。本場・大阪では、さぞやすごいことになっているはず。流行前からヒョウ柄を堂々着こなし、時代を先取りしてきた大阪のオバチャンに会いたくて会いたくて震える週刊女性取材班。ということで、現地調査を敢行!

 大阪駅からタクシーに乗り、オバチャンが集うというポイント『天神橋筋商店街』を教えてもらう。ヒョウ柄ファッションのオバチャンを探している旨を伝えると、運転手さんは「そんなオバチャン、もうおらんで~」。

 不安な思いで商店街に到着すると、ガチで黒、茶、無地の格好をしたマダムしかいない! ヒョウ柄の服を扱うお店も3~4軒程度。2時間ほど商店街を往復し、結果、ヒョウ柄を身につけた人は3人しか発見できなかった。そのうちの1人が最近の「浪速ヒョウ柄事情」を教えてくれた。

「ヒョウ柄を着ていると、“アンタ、それじゃ〜大阪のオバチャンやで”って友達にバカにされるねん。ウチは好きやから着とるけど、みんな着てへんで~」

 なんと、大阪では絶滅寸前になっている!? 真相を探るべく、大阪のオバチャン・エンターテイメント集団『オバチャーン』に会いに行くことに。取材場所の扉を開けると、そこには期待どおり、ヒョウ柄ファッションに身を包んだオバチャンがズラリ。しかし!

素でヒョウ柄を愛する『オバチャーン』の3人

「これは衣装やで〜」と、あっさり告げたのは不動のセンター・舟井栄子(69)。

「普段、ヒョウ柄は着てへんわ。最近はヒョウ柄も売っているところが少なくなっているから、見つけたら衣装用に買い足していくって感じやなぁ」

 舟井いわく、「点々」(ヒョウ柄の斑点)はまだセーフ。ヒョウの顔がついたデザインはアウト、もしくはネタとして着るものだそう。

 ヒョウ柄文化はいつごろから衰退したのか?

「10年くらい前は道頓堀あたりにたくさんおったで」(舟井)とのこと。以来、衰退の一途をたどっているとはいえ、そのインパクトゆえに、浪速のヒョウ柄文化は人々の記憶のなかで生き続けることだろう。