<20代前半、男性、大学生>志良堂さんが、初めて買い取った手帳だそう。クスッと笑える“本音”が満載 撮影/山田智絵

 東京・参宮橋駅のほど近くにあるアートギャラリー『ピカレスク』。複数のアーティストによる作品を常時、展示・販売する店内の一角に、他人の手帳が読める『手帳類図書室』という、なんとも不思議な空間がある。

ここでは、コレクターの志良堂正史さんが集めた30人分、約300冊もの手帳や日記を読むことができるんです

 そう話すのは『ピカレスク』の店長・松岡詩美さん。他人の手帳―。それはたとえ落とし物であっても、どんなに親しい間柄であっても、家族であっても、決して開いてはならない“禁断の扉”。

 それが読めるなんて、悪いことをしているわけではないのに、“いけないことをしている”感覚にとらわれてゾクゾクしてしまう。

ここでは唯一無二の体験をすることができるんです。お客様もみなさん“1時間なんてあっという間”と口々におっしゃって、4時間くらい滞在される方も。読破を目指し、通われている方もいます」(以下、松岡さん)

 手帳類とひと口に言っても、そのジャンルは多種多様。例えば、教師に思いを寄せる女子高生の赤裸々な恋愛ノート、“プレイ内容”まで書かれたデリヘル嬢の手帳から日本文化が大好きな留学生のスケッチブック、小学生の連絡帳まで……。どれを開いても興味をそそられるものばかり。