宮部みゆき 撮影/北村史成

 1987年にオール讀物推理小説新人賞を受賞した「我らが隣人の犯罪」でデビューし、以後、数多くの作品を書き続けている宮部みゆきさん。新刊『宮部みゆき全一冊』は、未収録の短編小説やエッセイ、作家生活30年間の全作品年表、インタビューなど、宮部作品のルーツと原点を収めたコンプリートブックだ。

「デビュー30周年を記念して、2017年に新潮社のホームページにいろいろなコンテンツを載せていただいたんです。担当編集さんの愛情と執念で、各賞の受賞スピーチや私自身が忘れていた短編など、細かいものまで掘り起こしてもらい、本当にありがたく思っています

 本書はそのコンテンツを1冊にまとめたもので、付録には宮部さんによる自作の朗読CDがついている。

「出版業界が大変な中、ここまで盛りだくさんの内容の本を作っていただけて、自分は幸せ者だと思います。でも、若いころの生意気な発言とかを振り返るのは、やっぱり恥ずかしいです(笑)

いしいひさいちさんに描いてもらったパロディ漫画が自慢です(笑)

 本書には、いしいひさいちさんによるパロディー漫画が2本収録されている。これは、宮部さんの一番の自慢なのだそうだ。

実は、『ののちゃん』に登場する少年探偵ミヤベくんのモデルは私なんです。私自身、いしいさんの大ファンなので、漫画に取り上げてもらったときには本当にうれしかったです。ミステリー界の中でも、特に本格ミステリーの作家にはいしいさんの大ファンが多いんですね。ですから、パロディー漫画を描いていただいたときには、いろいろな方に自慢しまくりでした」

 収録されている映画監督や作家との対談の中でも、特に印象深いのは、『小説新潮』に掲載された名作30篇をテーマにした作家の出久根達郎さんと演出家・作家の久世光彦さんとの鼎談なのだそうだ。

「おふたりとも古典にも昭和期の文芸作品にも造詣が深い方なんですね。私は純文学系の作品は全然わからないものですから。それぞれの作品を丁寧に教えていただいて、完全に先生と生徒でした。私、『時間ですよ』とか、プロデューサーとしての久世さんのファンだったこともあり、当日はすごく緊張していたんです。久世さんは白いスーツ姿でいらっしゃって、“今日はよろしくね”と赤いバラを1輪、くださったんですね。出久根さんは久世さんと親しいので、“いつもそうやっていいところを持っていくんだから”と笑っていらっしゃいました。そうしたひとつひとつの出来事が思い出深いです」