市川染五郎 撮影/週刊女性写真班

 “若手歌舞伎俳優の登竜門”として、毎年1月に開催される人気の興行『新春浅草歌舞伎』。今年も尾上松也や中村歌昇、坂東巳之助、中村隼人ら次世代の歌舞伎界を担う花形役者が平成最後の舞台に立っています。

 そんな中、さらに次の時代を牽引(けんいん)してくれるであろう18歳までの梨園プリンスたちから週刊女性が厳選してピックアップ! 美少年ぶりに磨きをかける染五郎くんを筆頭に、話題の的になっている勸玄くんなど日本の伝統芸能を継承するあなた好みのご贔屓(ひいき)スターをご紹介します!

次世代の梨園プリンスたち

八代目 市川染五郎(13)

市川染五郎 撮影/週刊女性写真班

 昨年、歌舞伎界としては37年ぶりとなる親子孫の3代同時襲名で市川染五郎(屋号:高麗屋、本名:藤間齋)に。祖父は二代目松本白鸚、父は十代目松本幸四郎、叔母は女優の松たか子という芸能一家

 2歳で初お目見え、4歳で初舞台を踏んだ太く凛々しい眉に涼やかな瞳の正統派イケメンは、中学生とは思えない色気をたたえる。挑戦したい役に『勧進帳』の弁慶をあげ「なるべく早くやりたい。祖父の持つ最年少記録の16歳を超えたい」と。

五代目 市川團子(14)

市川團子 撮影/週刊女性写真班

 祖父は現代風演出の“スーパー歌舞伎”の創始者で二代目市川猿翁、祖母は女優の浜木綿子。父親は香川照之(九代目市川中車)、親戚には四代目市川猿之助

 8歳のときに市川團子を襲名し、初舞台を踏む(屋号:澤瀉屋、本名:香川政明)。「昆虫の心を理解してる」と語る父を俳優として尊敬しており「(父と)初共演したときもすごいと思いましたが、(映画『ゆれる』を見て)感情をあらわにする芝居もすごい」。染五郎とは、’13年の舞台以降、何度か共演しプライベートでも仲がいい