立派なお手本がいらっしゃる雅子さまは幸せ

体調の回復がまたれる雅子さまは、どんな形で天皇をお支えするのだろうか
すべての写真を見る

 そんな皇太子さまの深い愛情が雅子さまの闘病生活を支えてきたのだろう。いまだ不安定な雅子さまが皇后となることを心配する声もあるなか、渡邉さんは、むしろ雅子さまが変わるきっかけになるのではないかと期待する。

雅子さまには、美智子さまという立派なお手本がいらっしゃるから、とても幸せだと思いますよ。雅子さまは頭のいい方ですからね。美智子さまのお姿をご覧になってきたので、臨機応変にやっていけると思います。

 それに英語だけでなく、フランス語もドイツ語もおできになる。ご体調がよくなれば皇太子さまを助けて、どんどん海外にもお出ましになるんじゃないですか」

 現在、未婚の女性皇族は6人。現制度では、女性皇族は結婚によって皇室を離れるため、公務の担い手不足が懸念されている。

 女性宮家の創設もたびたび議題になるが、渡邉さんは、「女性皇族が民間人になっても皇室を支えることはできる」と強調する。

「黒田清子さんは、天皇陛下の姉の池田厚子さんの後を継いで、伊勢神宮の祭主の仕事を年に150日くらいやっておられます。清子さんのように実家との太い絆があれば、外に出ても助けることはできますよ」


《PROFILE》
渡邉みどりさん ◎皇室ジャーナリスト。日本テレビに在籍中、昭和天皇崩御報道特別番組ではチーフプロデューサーを務めた