町田啓太 撮影/森田晃博

昨年は、たくさんの作品、作風、役柄に挑戦させていただいた年でした。大河ドラマ『西郷どん』もそのひとつで、時代劇はずっと挑戦してみたかったもの。“やってみたい”と言い続けたら、叶うこともあるんだなと思いました

 そう振り返る町田啓太(28)。『中学聖日記』や『女子的生活』などのドラマをはじめ『OVER DRIVE』『jam』といった映画と、昨年だけでもさまざまな表情を見せてくれた。

 そして、今年公開される映画作品の幕開けを飾るのが『二階堂家物語』。「初めてだらけだった」と本人が語るのは、この作品が’15年のカンヌ国際映画祭『ある視点』部門・期待すべき新人賞を受賞したイランの女性監督、アイダ・パナハンデによるものだから。

「共演者の加藤雅也さんは監督と英語で話をされていましたが、僕は通訳さんを介して。監督は“私は日本語がわからないけれど、表情を見れば(パーフェクトか)わかるから”とおっしゃって。直接、コミュニケーションがとれないからこそ、監督が意図していることや、求めていることをもっとよく聞こう、知ろうという気持ちになりました」

 撮影を進めていくうえで監督、俳優、スタッフが何度もディスカッションを重ねたという。

例えば、セリフ。日本語って、語尾で印象が変わるじゃないですか。だよ、ですよ、ます、といろいろありますから。最終的には、監督から“セリフはおまかせするので”と言っていただけるようになりました