「佳代さんや圭くんに対して、面白くないという思いはありますが、恨みの感情はまったくありません。圭くんも本当の息子のように思っていましたから。ただ、私は貸したお金を返してほしいだけです

 そう語るのは、眞子さまの恋人・小室圭さんの母親・佳代さんとの間に「金銭トラブル」を抱えている元婚約者の竹田さん(仮名)だ。

《私も母も元婚約者の方からご支援を受けたことには今も感謝しておりますので、今後は元婚約者の方からご理解を得ることができるよう努めたいと考えております》

 1月22日、圭さんの代理人弁護士を通じて、主要報道機関向けに文書が発信された。竹田さんに対して、理解を得られるように努力するというが、双方は今後、歩み寄ることはできるのだろうか─。

 そもそも、この騒動に至った発端は'17年12月、本誌が第一報として放ったスクープだった。当時の状況を竹田さんの知人が語る。

「佳代さんは、婚約していた竹田さんに何度もお金を無心していました。圭さんが通っていた国際基督教大学(ICU)の入学金と授業料、アメリカ留学費用、アナウンススクールの授業料、さらには小室家の生活費なども合わせて約440万円に。

 佳代さんからの電話はいつも“お金をヘルプしてほしい"というもので、財布扱いされていることに嫌気がさした竹田さんは、'12年9月に婚約解消を申し出ました。

 当初の佳代さんは、“月に1万~2万円ずつしか返せない"と、返済意思を見せましたが、数日後には一転、小室さん親子は“贈与なので返済しない"と主張したのです

 本誌の報道から約2か月後、宮内庁は眞子さまと圭さんのご結婚を'20年まで延期することを発表。

小室圭さん

 さらに昨年8月、圭さんは弁護士資格の取得を目指し、米・ニューヨークに3年間の留学へ。眞子さまとの婚約延期中に、海外へ発った圭さんには疑問の声もあがった。

 そして、昨年11月の秋篠宮さまのお誕生日会見では、ついに殿下ご本人から、圭さんへ踏み込んだご発言が。

《今でもその二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべきだと思います。(中略)やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません》

 圭さんに対して、ここまで厳しいご発言をされたのには理由があるという。

「圭さんは、報じられた母親の400万円以上の借金を“贈与"だと秋篠宮ご夫妻に説明していました。“それならば国民に対して説明を"と、再三にわたり、ご夫妻が求められたのにもかかわらず、実現させていませんでした。一向に動かない小室さんに“トラブルを解決するためのアクションを起こしてほしい"と、ボールを投げられたのでしょう」(秋篠宮家関係者)