伊香保温泉入り口にそびえ立つ「ペヤングオブジェ」。石段から流れる温泉を“湯切り”に見立てた演出も 撮影/渡邉智裕

 石段にドドンと鎮座する巨大ペヤング。すると、むせるほどの大量の湯気をもくもくと放ちながら、勢いよく“湯切り”が始まった!「ここって情緒が漂う、あの伊香保温泉!?」なんて驚き、戸惑いながらも、規格外の大きさの白く“四角い顔”と記念撮影する老若男女の観光客たち。

 群馬県の名湯・伊香保温泉が今、変わりつつある──。

 神経痛、婦人病、冷え性など女性にうれしい効能がたくさんあることから“子宝の湯”としても知られる伊香保温泉は、名物と名高い365段の石段を有する歴史の深い温泉地。今から2000年前に開湯したといわれる日本屈指の古湯が、なんとも大胆なイメチェンに踏み切った!

 そう、伊香保温泉は『ペヤング祭り』真っただ中。同じく群馬県に本社を置く『まるか食品』とのコラボ企画により、冒頭の巨大オブジェが登場するなど“ペヤング化”しているのだ。なぜ、即席麺のカップやきそば『ペヤング』が、唐突に伊香保温泉とコラボすることに?

「『ペヤング』はさまざまな種類の販売はもちろん、斬新なプロモーション施策により多くのお客様から愛される商品になりました。今回はその活動自体がお客様、当社はもちろん、第三者も幸せになる三方よしの企画ができたら素敵と考え、活動自体を集客コンテンツととらえた地域活性化企画を考案し実施に至りました」(まるか食品)

 つまりは、みんなで楽しく温泉とペヤングを満喫して伊香保温泉を盛り上げよう、ということなのだろう。

 たしかに温泉地の各所には、“攻めた”クセの強いお祭り色が濃く出ている。

 赤城山などを一望できる物聞山山頂まで結ぶロープウェイのゴンドラは、通常タイプの白色、激辛タイプの赤色とペヤングカラーに模様替え。標高932メートルを走る空飛ぶカップやきそばに乗れば、思わずニヤニヤしてしまう。

塗装されたロープウェイのゴンドラはまるで、空飛ぶカップやきそば 撮影/渡邉智裕

 そして伊香保神社からほど近い、湯本源泉地にある「伊香保温泉露天風呂」も『ペヤングの湯』に様変わり。いざ入浴すると食欲をそそるソースの香り……ではなく、新商品「スカルプDやきそば」をモチーフにした露天温泉は、まろやか~な湯あたりそのままの源泉の鉄分のにおい。新たな試みとして、水着着用での混浴時間が設けられた。

 祭りの開催を知らずに訪れたという若いカップルは、

「一緒に入れるとは思わなかったのでうれしいです(笑)。温泉に行くのが好きなのですが、こんな温泉地は初めて。特別な体験として思い出に残るので、こういう企画はどんどんやってほしい」

 と、好印象のようだ。

水着の貸し出しは無料。オリジナルデザインの水着は購入することも 撮影/渡邉智裕

 温泉あがりに小腹がすいたらペヤング販売所へ。水着やタオルなどのオリジナルグッズのほか、塩ガーリック味、たこ焼き風味、麻婆春雨味など10数種類を購入でき、併設された食堂で食べることができるのだ。まさに見て、入って、食べて満足の大盛りイベントになっていた。

販売所に並ぶ10種類以上の“ペヤング”の中には、見たこともないレアな味も。飲食スペースも併設(お湯代別途料金) 撮影/渡邉智裕