廣瀬容疑者の中学時代(卒業アルバムより)

「不登校で学校に来てなかったので、全然記憶にないんです。卒業アルバムの集合写真でも、右上に顔写真が載っていました。

 2008年に土浦で通り魔殺人事件を起こした金川真大・元死刑囚('13年に執行)も同級生なんです。金川は暗い人だなという印象がありましたが、廣瀬については全然わからない

 中学時代の同級生は、メディアで報じられている逮捕時の姿形と卒アルの少年を見比べながら、そう振り返る。

被害者を乗せたタクシーの運転手に聞く

 東京都葛飾区の女子大生が1月31日、茨城県神栖市の空き地から遺体で見つかった事件で、警視庁捜査一課は同市の無職・廣瀬晃一容疑者(35)を死体遺棄の疑いで逮捕した。

 被害者は、日本薬科大学に通う菊池捺未さん(当時18)。35歳の無職男と18歳の女子大生を結びつけたのは、ゲーム関連の掲示板だった。

 昨年11月20日、午前中に大学の授業に出席した菊池さんは、午後3時ごろ、ひとり暮らしをしているマンション最寄りのJR綾瀬駅からJR鹿島神宮駅へ向かった。2人に面識はなかったが、一部週刊誌は、廣瀬容疑者が菊池さんに、会うだけで数十万円の報酬を支払うと条件提示していたと報じている。

 見知らぬ駅に降り立った菊池さんは、駅前でタクシーに乗車。行き先は、廣瀬容疑者宅近くのコンビニ。

 菊池さんを乗せたタクシーの男性運転手に話を聞いた。