封筒に入った9万円をめぐり、Aさんは帰らぬ人に

「主文、被告人を懲役5年4か月に処する」

 夫に暴行を加えて死亡させたとして傷害致死罪に問われた東京都板橋区の専業主婦・有賀友加被告(45=保釈中)の控訴審で、東京高裁(合田悦三裁判長)は1月31日、1審のさいたま地裁判決(懲役6年)を破棄し、減刑する有罪判決を言い渡した。

 黒のパンツスーツ姿で出廷した友加被告は直立不動だった。

長男と夫の後を追った妻

 事件が起こったのは昨年1月5日のこと。友加被告の夫Aさん(当時53)が宅配便仕分けの夜間アルバイトを終えて退勤する午前8時ごろ、友加被告と長男・大生受刑者(24)は、職場近くに自家用車を止めて“待ち伏せ”した。Aさんは前年末から1週間以上、自宅に帰らず家族との初詣もすっぽかしていた。

 友加被告は怒っていた。

「夫は約束を破っただけでなく、新しい働き口を失いそうでした。日勤で待遇のよいアルバイト採用が決まっていたのに提出書類を出していなかったので、長男に運転手役を頼んで職場に向かったんです」

 週刊女性の取材に応じた友加被告はやつれた表情で、そんなふうに事件を語り始めた。

 裁判などで明らかになったところによると、友加被告と大生受刑者はAさんのあとを追った。コンビニエンスストアに寄り、おにぎりの棚の前で背中を向けていた。

「私にはピンときたんです。おにぎりを万引きしたなって。すると、案の定、トイレに入った。万引きは現行犯逮捕が基本ですから、証拠隠滅のためトイレの中でおにぎりを食べるんだろうって」(友加被告)

 店に駆け込み、「夫が万引きした。警察を呼んでください」と店員に頼んだ。Aさんは過去に何度も万引き歴があったという。ところが警察が調べると、Aさんは何も盗んでいなかったと判明。友加被告と言い争いになった。

 大生受刑者が運転する車の後部座席で、夫婦は怒鳴り合いのケンカを続けた。Aさんが家族の知らない「9万円」を持っていたことが火に油を注ぎ、「よこせ」「渡さない」などとエスカレートした。