事件現場となった自宅。人の気配はなく静まり返っていた

 事件が起きたのは元日。

「私、これから死にます」

 さいたま市浦和区の無職・細谷俊夫容疑者(67)は午前6時20分ごろ、そう110番通報した。

身長180センチ・体重120キロの息子

「救急隊員が通報のあったマンションに駆けつけると室内には家族3人が倒れていました」(捜査関係者)

 長男で無職の祐介さん(31)は6畳の和室で布団の上にうつ伏せになっており、搬送先の病院で死亡が確認された。妻(64)は脱衣所であお向けに倒れ、首に軽いケガ。細谷容疑者は果物ナイフで自ら首を刺したとみられ、重傷を負っていた。

「細谷容疑者が祐介さんの首を絞めて殺害したとみています」(前出・捜査関係者)

 ケガが回復した2月14日、埼玉県警浦和署は殺人の疑いで細谷容疑者を逮捕した。

 一家は約30年前に現場の分譲マンションを購入し3人で暮らしていた。

「祐介さんは大学に進学した10年ほど前に統合失調症と診断され、通院していました。介護が必要な状態で、お父さんが面倒を見ていました」(知人女性)

 妻も同じ病気で、細谷容疑者が2人の介護の担い手だった。数年前に定年退職してからもそれは変わらなかった。

 自宅療養していた祐介さんが日中、マンション周辺を歩く姿は近所で有名だった。

「祐介さんは身長180センチ、体重120キロと大柄。髪は肩まで伸びた天然パーマで、ヒゲもモジャモジャでした」(同じマンションに住む男性)

 その風貌に加え、目立っていたのは奇行だ。

「路上をはだしで歩いたり、夏場に上半身裸で道端に寝てしまい、マンションの住人が数人がかりで自宅まで連れて帰ったこともあった。病気のことはみんな知っていましたので、“しかたがない”って思っていました」(同男性)

 家の中では大きな声を出すこともあった。

「昨年8月、細谷容疑者は“息子が暴れている”と警察に相談したこともあったそうです」(全国紙社会部記者)

 細谷容疑者は中肉中背。息子を押さえつけるのは大変だったろう。