Bくんの母親がYouTubeにあげている動画の画像。差別意識の塊のような教師2名には怒りの声が集まっている

「先生なんで(僕を床に)押しつけるんだよ」

 少年が絞り出すように訴える─。

 2月1日、そんな衝撃的な音声がYouTubeで公開された。投稿者は冒頭の少年の母親・ゆうこさん(仮名)。

「やり返していいです」

《イジメっ子に指示してイジメ被害者を殴らせ、イジメに抵抗するなら、この学校から出て行け! と叫んだ先生、責任を取って教壇を降りてください! 心身共に激しく傷ついた被害者は登校できなくなり、自殺の寸前まで追い詰められました》

 というタイトルのこの動画の再生回数はわずか2週間で13万回を超えている。

「教師がいじめに加担して被害児童のほうを責めるという展開はネット上ですぐに拡散され、ワイドショーなどでも取り上げられました」(テレビ局関係者)

 8分53秒にわたるその録音の一部を再現する。

 '16年5月24日放課後、千葉県松戸市立常盤平第一小学校の4年生のクラスで事件は起きた。

 いじめっ子とされる少年Aくんが冒頭の少年Bくんを殴り、Bくんがやり返したところから音声は始まる。

常盤平第一小学校

 その様子を見ていた担任の女教師は、

「やり返していいです」

 とAくんに告げ、Bくんのみぞおちを殴らせる。

「うぅ」というBくんのうめき声が流れる中、

「そういうことなんだよ!」

 と、女教師は床にうずくまったBくんの背中を押さえつけた。そこでBくんの冒頭のセリフである。

「先生なんで押しつけるんだよ」

「床に座ってないとあそこ(黒板)が見えないからだよ! 2回も3回も説明さすな! あなたの耳が悪いからでしょ」

 女教師は意味不明の理屈をつけながらBくんを執拗に責め続ける。こうしたやりとりを見ていた児童がほかの教師を呼びに行き、駆けつけてきたのが男性の教頭だった。