兄弟で横綱となり、相撲ブームを牽引した若乃花と貴乃花。当時、老若男女がふたりの一挙手一投足を追いかけた

 千代の富士が引退した平成3年から、若花田(後の横綱若乃花)、貴花田(後の横綱貴乃花)の兄弟関取が幕内上位で活躍し始めたことで、角界は“若貴フィーバー”に! 琴錦、旭道山、舞の海など個性豊かな力士がそろい、大ブームを巻き起こした。

「自分の両親のチケットすら確保できない状態。後援会経由でも手に入らなかった」と笑うのは、現在、全国11店舗の飲食店を展開し、経営者として活躍する元関脇の貴闘力さん。若貴、貴ノ浪、安芸乃島ら多くの力士を輩出した藤島部屋(後に二子山部屋)を支えた名力士のひとりだ。

 フィーバーぶりを振り返るうえで、平成4年初場所の貴花田初優勝時のパレードが忘れられないと話す。

「部屋から祝賀会が行われるホテルニューオータニまでの沿道に10万人が殺到して、15分で到着できる距離に3時間かかって。やっと到着したら、時間の関係で10分で祝賀会は終了。乾杯だけで帰ってきた」

貴闘力さん

 名古屋場所の際には、5000人のファンが宿舎として利用していたお寺に殺到し、見学禁止になったこともあったそう。

「卒塔婆を倒すわ、墓もひっくり返っちゃうわで稽古どころじゃない。住職が怒るのも当然だよ。今も相撲は人気だけど、あのときの熱狂ぶりに比べればかわいいもんさ」

 なぜ当時の藤島部屋は、あれだけの数の関取を輩出できたのか?

「藤島親方(初代貴ノ花)の口癖は、“心臓を鍛えろ”。僕たちは2人組で行う三番稽古で何時間もぶつかり稽古を行う。出稽古で出向いた某部屋は勝ち抜き戦のような申し合い稽古だから、当たらない間は休めたので“楽だな”とうらやましかったけど、だからこそ藤島部屋の力士は強かった。

 でも、群れることはなかったなぁ。団結するのは、『大相撲部屋別対抗歌合戦』のときだけ(笑)」