「正解! 30ノーベル!」。スタジオに響く、ますだおかだの岡田圭右の明るい声。「ワハハハハ!」と笑いの絶えない収録現場。“今いちばん面白いBS番組”と言われている「クイズ!脳ベルSHOW」(BSフジ)をご存じだろうか。

 2015年から始まったこの番組、当初は水曜の22時台のみの放送だったものの、じわじわと人気が拡大。放送開始1年後に月~木曜に放送日を拡大するや、'17年4月からは、なんと月~金曜までの帯番組に成長。今では好評すぎてBSフジの再放送にとどまらず、本家の地上波のフジテレビでも、早朝4時から帯で放送するほどのお化け番組なのだ!

 人気の秘訣は、地上波のような知識を競い合うクイズ番組と違って、「なぞなぞ」「過去のヒット商品を思い出す」「マッチ棒でできた数式を1本動かして正しい数式に組み替える」といった、誰でも楽しめる脳トレ的なクイズを出題している点。年齢とともに衰えていく脳に警鐘を鳴らすため(=脳ベル)、“ひらめき・記憶・瞬発力・発想”の4ジャンルからなる脳を活性化させるクイズの数々は、適度な頭の体操にピッタリ! 

この日の出演者は、松尾紀子(フリーアナウンサー)、ハチミツ二郎(芸人)、安達有里(タレント)、藤原喜明(プロレスラー)

「東●王」のようなガチンコクイズにはついていけないけど、「『脳ベルSHOW』だったら楽しみながら参加できる」とあって、今や「地上波のクイズ番組よりも面白い!」と絶賛の声が相次いでいるほど。

「出演者の素の魅力を引き出すために、決まり事はほとんど作らないようにしています。中には、カンニングまがいのことをする方もいるくらい。頭を使うことに重点を置いているので、クイズ番組では考えられないようなヒントも出します」

 そう話すのは、番組プロデューサーの小沢英治さん。わからない出演者に対して、何度も助け船を出す岡田さんの姿は、もはや番組の名物。なんとか答えにたどり着こうとすることで、頭はフル回転する。不正解でもOK。頭を使ったことに意味がある。

 クイズの監修には、脳科学者で公立諏訪東京理科大学教授の篠原菊紀博士が担当。認知症予防にも適した本格的な問題が並んでいる。解けそうだけど、一筋縄ではいかない……そんな、ほどよい塩梅の難易度も、視聴者に大好評だという。