その表情は明るく、よく笑い、柔和な雰囲気に包まれていた─。

 タレントの有村藍里が、3月3日に自身のSNSで美容整形手術を受けたことを突然、告白。同日に放送された『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)では、手術に臨む彼女の模様が放送され、大反響を呼んだ。彼女はなぜ整形手術に踏み切ったのか。

「新聞の報道で“有村架純の姉”ということを世間の人たちに知られるようになって、私の写真がネットで拡散されました。そのときにいちばん言われたことが、顔のことであって、“口元がすごい残念”だと。それ以来、ずっと口元が気になるようになってしまって……。そこが自分のいちばんのコンプレックスだなって気づいて、今回、整形に至りました」

 ネットでのネガティブな意見を目にしてからは、思い悩む日々が続いていた。

「口元が見えなければいいのにって、ずっと思っていました。新聞の報道が出てから手術までの約2年ほど、ずっと悩んでいました。口元がもっこり出ている部分を直すにはどうしたらいいのかなって考えたときに、骨格から矯正するしかないのかなって」

 整形手術をする芸能人は少なくないといわれるが、それを“公表”する人はごくわずか。今回、明らかにした理由とは?

「コンプレックスがあって、嫌だからそこをなんとか変えたいっていう思いでやったことなので、私は別に隠す必要もないのかなと思いました。整形すること、公表することに対して、意見は人それぞれだと思います。ご意見は全部ありがたいなとは思うんですけど、私が少しでも可愛くなりたくてやった、それを公表させてもらったという、それだけのことです」

術前(左)と術後(右)。(手術を担当したレグノクリニックの公式サイトより)

 デビューする前ではなく、芸能活動中に整形し、それを公表することに不安や恐れなどはなかったのだろうか。

「そもそも私は自分でSNSに載せる自撮り写真とかはけっこう“詐欺か!”ってくらい加工していたので(笑)。そんな自撮りの自分に少しでも近づけたらいいなぁって思いもあったので、顔が途中で変わっちゃったとか、そういう面に関してはまったく何も思わなかったです」

 芸能人でも一般人でも整形することには賛否両論ある。しかし、現在の彼女には、明確なポジティブな変化が。

周りにも言われるんですけど“表情が明るくなった”“よく笑うようになった”っていうふうに言ってもらいます。以前はカメラを向けられても“私の顔、大丈夫かな?”みたいな感じで思っていました(笑)。“私、この角度、大丈夫かな?”“いま笑って歯ぐき見えてないかな?”とか。人とお話ししてても“私の顔、気持ち悪くないかな?”とかそういう余計なことばっかり常に考えてしまって……。