全女子が潜在的に求めている“強引で男らしいS級のイケメン=けだもの男子”。'17年から'18年にかけてdTVとFODで配信され、その後、フジテレビでも放送された大注目ドラマの第2弾『花にけだもの ~Second Season~』がついにスタート!

 熱いリクエストにより、ふたたび“けだもの男子”を演じる杉野遥亮(23)×松尾太陽(22)にインタビュー。

――前作が放送されたときの反響はいかがでしたか?

松尾「思っていた以上に大きかったです。地元の友達とか(松尾が所属するメインダンサー&バックボーカルグループ)超特急のメンバーとか、いろいろな人から“全然、たかしらしくない”って言われました(笑)

――プレーボーイの豹(杉野)、クールでミステリアスな千隼(松尾)、誠実で太陽みたいな竜生(甲斐翔真)と3人のけだもの男子がいますが、松尾さんに似ているキャラクターはいますか?

杉野「それ、気になる! でも、この中にはいない感じがする」

松尾「正直、この中にはいないです。そもそも、けだもの男子ではないので(笑)

――杉野さんは、どんなことで反響を感じましたか?

杉野「SNSがいちばん身近に感じられたかもしれないですね。このドラマをきっかけに僕のことを知りましたとか、好きになりましたと言ってくれる方が多かったです。このあいだ、“第2弾をやります”ってつぶやいたときの反響も大きくて」

――杉野さんご自身はどのキャラに近いですか?

杉野遥亮 撮影/廣瀬靖士

杉野「近いのは……。しいて言うなら、千隼かもしれないです。一歩引いて物事を見たりもするし。相手のことを考えて行動するほうだと思います

松尾「確かに、まわりを見ていろいろなところに気を遣ってくれているなと感じることはあります」

杉野「本当に?」

松尾ここでウソついてどうするの(笑)。前作の話になるんですが、撮影中に自分が行き詰まってしまったときに声をかけてくれたし。スタッフさんやいろいろな方と作品の話をしているときも、相手のことをすごく思いやっているのが伝わってくる。でも、“自分はこうしたい”っていう明確な目標ももっているんだなって」

杉野めちゃくちゃ、ほめてくれるじゃん。でも、もっとほしい(笑)。太陽は、意外と豹かもしれないと思った。表面的なチャラいところじゃなくて、中身の核の部分で自分の感情をロマンチックな言葉にのせて言うのがすごく上手なイメージがある。いつも対応が王子様だなって」

松尾「本当に? 全然意識してないけど」

杉野「例えばっていうのが難しいんだよな、ニュアンスだから。実は、太陽のことを“王子様”って呼ぶときがあって。どんな会話でも、すごく丁寧に、相手の気分をよくさせる言葉を使うことができるから

松尾「すごくうれしい。でも、もっとほしいな(笑)

杉野「いまのは表の顔で、僕ら裏ではバチバチですよ」

松尾「そんなこと言うと勘違いされるから(笑)。冗談ですよ」