――女性がキュンキュンしっぱなしのドラマですが、おふたりが最近、キュンキュンしたことはありますか?

杉野「僕、『あいのり』を見ながらキュンとして泣いちゃったりします。真実の愛を探す旅なんですけど、自分が今まで愛だと思っていたものって、浅かったなとか」

松尾「(苦笑)。僕は、映画『シュガー・ラッシュ』を見て、キュンキュンしました。主人公のラルフとヴァネロペのやりとりがすごくかわいくて。かわいすぎて涙が出ました」

杉野「それ、キュンでいいのかな?」

松尾「胸キュンです!!」

――前作では、恋のライバルだったおふたり。今回は?

松尾太陽 撮影/廣瀬靖士

松尾「前作のラストで、ヒロインの久実は(杉野が演じる)豹を選びます。でも、今回はどうなるか。そこも、楽しみにしてほしいですね」

杉野「前回の青春群像劇から、シーズン2では卒業というテーマがあって。自分の将来について、考えたり、悩んだりするところはみなさんに共感していただけるんじゃないかと思います」

松尾「大人になるって? 大人って? ということをみんながそれぞれ違う形、方向で見つめ直す。僕が演じる千隼は、自分探しの旅に出かけますが、みんなは受験を頑張ったりして。その中で、胸キュンならぬ“けだキュン”が出てくる。新しいキャストのみなさんの力も借りて、より一層、人間ドラマ感が増す作品になってくると思います」

――おふたりは、今作の撮影を通して仲よくなったようですね。

松尾「それは、間違いないですね。お互いにちょっと余裕ができたら、以前、遥亮が自分の家に遊びに来たいっていうのを実現したいです」

杉野「言ったね。お酒飲めるんだっけ?

松尾「飲めないよ」

杉野じゃ、お茶でもする? そのあと、ちょっと遠くの(三重県)ナガシマスパーランドに行ったりして

松尾「遠いな(笑)」

杉野「ドライブがてらに行って、軽くバンジージャンプしたりして」

松尾「免許持ってる?」

杉野「持ってるよ」

松尾それは、テンションが上がるね。富士急ハイランドも行こうよ!

(左)杉野遥亮、(右)松尾太陽 撮影/廣瀬靖士

◆杉野遥亮(すぎの ようすけ)
1995年9月18日千葉県生まれ。185センチ。'15年の第12回FINEBOYS専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、芸能界へ。映画『キセキ-あの日のソビト-』で俳優デビュー。現在、出演映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』が公開中。また、NHKドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』に出演。(4月19日金曜、22時~)映画『居眠り磐音』が5月17日より公開。

◆松尾太陽(まつお たかし)
1996年9月23日大阪府生まれ。180センチ。'10年の映画『大奥』で俳優デビュー。'11年よりメインダンサー&バックボーカルグループの超特急のタカシとしても活動。4月より超特急史上最大規模の全国33公演10万人を動員するツアー、BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019『EUPHORIA~Breakthrough, The Six Brave Stars~』を開催。

累計250万部を突破した人気コミックの実写ドラマ化第2弾
dTV×FOD共同製作ドラマ『花にけだもの ~Second Season~』

詳細はdTV公式サイト https://pc.video.dmkt-sp.jp/
FOD http://fod.fujitv.co.jp/
(c)エイベックス通信放送/フジテレビジョン

※『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の・はハートマークが正式表記です。